肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tag英語


こんばんは、柳本マリエです。

たった1日大阪にいるだけで、
大阪弁がうつる私。

《関連記事》

イギリス人と付き合っていた頃も
言葉が相手に引っぱられてしまうことが多く、
気づいたら「Ahah(アハン)」という相づちだけは
一人前になってました。

アハンのひとり歩きです。えぇ。

しかしあるとき急に、
「ちょっと何いきなり欧米気取っちゃってんの!」
と自分の中で温度差が生じるようになり、
それからアハンは封印しました。

「うん」とか「ほう」とか「へぇ」とかを
意識して答えています。


【お知らせ】
私は今、ブログ以外にLINE占いMAGAZINEで
漫画連載をさせていただいているのですが
じつはこの度、新たに3つの媒体で
新しい漫画を描かせていただく運びとなりました。

明日以降、
随時お知らせさせていただきます〜!
     

→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第10話公開中 NEW!
 
叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき

柳本マリエ撮影写真販売中「スナップマート」 NEW PICS!


こんばんは、柳本マリエです。

イギリス人の元カレと付き合って間もない頃は、
和製英語が通じずに噛み合わないことが
多々ありました。

「ミルクティー」に関しては、
日本の特別なお茶かと思ったそうです。
紅茶だと知って、ちょっとガッカリしていました。

英語でミルクティーは「Tea with milk」とのこと。



→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第8話公開中 NEW!
 
叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき  
                                                      
柳本マリエ撮影写真販売中「スナップマート NEW PICS!                  


おはようごさまいます、柳本マリエです。

GW真っ最中ですが、
みなさんお出かけしているのでしょうか?
私はこのGW中に片付けることが多々あって
本気出していこうと思っております。

さて、
久しぶりにイギリス人の元カレの話ですが
私はてっきり英語が話せると
世界中の旅行がラクだと思っていたんですよね。

でも実際は違ったようで。

例えば英語圏ではないフランスで
私が母国語ではない英語を使って話す分には
「コミュニケーションを取ろうと努力している」
と捉えてもらえるようですが、
もともと英語を話す元カレがそれをやってしまうと
「相手(の言語)に合わせるつもりはない」
と捉えられてしまって風当たりが強いそう。

よって、海外旅行へ行くときは
英語を話す元カレのほうが
熱心に下調べをしておりました。

英語が話せるのも
ラクなことばかりではないんですね。


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第6話公開中


叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき







お世話になっております、柳本マリエです。
本日2回目の更新となります。

私は、イギリス人の元カレと付き合うまで
年賀状に「A Happy New Year」と書いてました。

しかしこれは
「明けましておめでとう」の挨拶で使う場合、
イギリス人の元カレからすると
「言いたいことはなんとなくわかるけど、
使わない(言わない)」とのこと。

例えば、「誕生日おめでとう」を
「A Happy Birthday」と言わないのと同じように
「明けましておめでとう」も
「A Happy New Year」とは言わないそう。

ではなぜ私は「A」がついた状態で
書いていたのでしょうか?
(元カレに指摘されて調べました)

これは、文章としてなら
「A」をつけて構成されることがあります。
「I wish you a Merry Xmas and a happy new year」

上記の場合は
「【よいクリスマス】と【よいお年】を、
お迎えください!」という具合に
【名詞】として使うのでOK!

このように、
wishやhaveとともに用いられることが多く
「A」が残ったまま「A Happy New Year」の形で
浸透してしまったとのこと(諸説ありそう)

「明けましておめでとう」の挨拶だけなら
「A」は、いらないそうです。



「A」とか「The」って、使い方難しいですよね。
指摘されるまでガンガン使ってました。

さて、とうとう三が日も今日で最後!
皆さま、どうか餅をのどに詰まらせないよう
お気をつけてお過ごしくださいませ。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)





お世話になっております、柳本マリエです。

スペルミスを教えていただき発覚したのですが、
flame(名詞)は、「枠」ではなく「炎」とのこと。

flameといえば思いつくのはただひとつ、
デンマークが生んだロックバンド
DIZZY MIZZ LIZZYの代表曲「Silverflame」です。



中学の先輩にDIZZYを教えてもらい、
そのままバンド結成→解散した経験があるほど
DIZZYは私にとって特別なバンド。

初めて聴いたのが「Silverflame」だったのですが
シルバーフレーム=銀の枠の写真立て
と勝手に思っていて、それ以降15年近く
今の今まで銀の枠だと思っていました。

確かに、どう考えても
「枠」より「炎」のほうがカッコいい!

今回に限らず、
日常会話では使ってたけどスペルは見たことない
という単語がけっこう多く(キャシードラゥとか)
もしまたスペルミスってたら、
都度教えていただけると助かります。

そして私は今から、
久しぶりにガッツリ英語を話してきます!
大丈夫、会話ならスペルミスは起きないからね!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp (☆を@に!)