肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tag脱サラ



前回出てきた
トラブルメーカーの同僚については、
私ともうひとりの現場責任者である先輩とで
それぞれ1.5人分働けば補える
という結論に至りました。

通常ダブルチェックで終わらせる案件は
トラブルくんが処理していた場合、
私たちでトリプルチェック。

その分時間はかかりましたが、
クライアントに迷惑がかかることはなくなり
精神的な負担も徐々に減少!

この頃、ブログの更新は私にとって1番の楽しみで
「ブログを描きたいから早く仕事を終わらせる」
というモチベーションに繋がっていました。

しかし、絵日記を初めて数ヶ月の私は
4コマを描くのに3時間ほどかかっており
次第に「仕事の15時間拘束がなければ、
1日5記事描けるのでは?」と思うように。

先に言っておきます、
実際は15時間あっても5記事など
描けません!!!

しかし私は、
ついにこの上司↓に退職の意思を告げました。


次回、脱サラ記事最後のエピソード!


本日、連載「三十路勇者の占い伝説」の
第2話が公開されておりますよ!


今から久しぶりのライブ参戦で、
テンションがおかしなことになっております!
行って参る!!!



私は、ひとりになったオフィスで
泣いていました。



今回に限らず、私はこの同僚の尻ぬぐいを
数え切れないほどしてきました。

人間ですから、
そりゃあミスはあると思うのですが
この同僚については、
社内共有を読まない・ダブルチェックをしない
と、そもそもおかしい!(見ろや〜!)

アルバイトの方々からも
この同僚に対する苦情は多く、
また、他部署の人からも同情されるほどの
トラブルメーカー。

上司にも、もちろん本人にも
直してほしいことは伝えていましたが効果は皆無!
ミスに気づいた人が損をするなんて理不尽すぎる。

そんな私の支えとなっていたのが
ブログという存在でした。
次回へつづく



三十路のエモあがき」も更新中!



こんにちは、柳本マリエです。
私の脱サラまでの道のりをまとめています。

私の所属していた部署は365日営業のため
月〜金勤務ではなくシフト制となっており、
私を含めた現場責任者3名で
シフトをどうにか回しておりました。
(通常は現場責任者1名以上+アルバイトの方々)

なので、共有事項がある際は
専用の社内掲示板に情報が更新されます。
出勤したらまずそこで共有事項を確認し、
必要であればアルバイトの方々にも
確認してもらいます。

しかし、8月某日ー
通常より念押しされた共有事項が破られる
というマジでアウトな事件が勃発!

内容としては、
A社とは先行発売を条件に契約していたため
B社C社へのリリース解禁は◯月◯日以降
と決まっていたにも関わらずB社C社に漏れており、
A社が大激怒!(そりゃそうだ)

その情報を漏らしてしまったのは、
まさかの私と同じ現場責任者の同僚でした。
彼がどうしてそうしてしまったのかは
わかりません。

なぜなら彼は情報漏洩が発覚した日、
公休日で不在だったから。
そうなると自動的に、
私が対応する役回りとなります。

次回ついに私の糸がプッツン!


三十路のエモあがき」←サブブログもある 



こんばんは、柳本マリエです。
私の脱サラまでの道のりをまとめています。

脱サラをする前は1日15時間前後、
仕事に拘束されていました。

イラストを描くのは通勤中と昼休み。
残りは朝5時に起きて
ブログの更新作業をしていましたが、
不思議とその作業は苦ではありませんでした。

某メーカーの営業で、
法人相手にアポを取り(飛び込みも有)、
契約を交わして売上を立てることが私の仕事。

アポを取るまでが1番苦労するのですが、
商談となるとプレゼン資料や見積書を練ったり
そのときの商談内容に合わせて
契約書を作成しなければならないため
そこそこ神経を使います。

上記に加え、社内では
アルバイトの方々の管理もありました。

権限の都合上、
社員でなければ対応できない案件が多く
引き継いだ案件をひたすら処理。
日中はその作業に追われるので、
自分の仕事ができるのは21時過ぎから。

家に帰る頃には日付は変わっていて、
大嫌いな風呂のことを考えると
「仕事よりもつらい」と心底思いましたね。

このような慢性的な残業は
2016年夏ちょい前くらいから始まっていました。
しかし私を脱サラへ導いたのは、真夏に起こった
とある出来事がキッカケとなります。

次回へつづく

脱サラ記事まとめ


三十路のエモあがき」←サブブログもある






2016年12月31日をもって、
私は脱サラに成功(?)した。

脱サラした理由はいくつかあるけれど、
描く仕事で食べていきたい
というのが1番の原動力となりました。

次回より
どうして脱サラしたのか、
また、脱サラして何が変わったのか、
つづきモノとなりますが
ちょこちょこ更新していくつもりです。

トータル13年間の会社員生活を離れた
今しか描けない気がしたので、
思い切って公開することにしました。

31歳独身女ブロガーの脱サラストーリー、
どうぞよろしく!



三十路のエモあがき」←サブブログもある