17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

タグ:目的語

動詞の対象としての目的語について
IMG_8075
IMG_8076


前回に引き続き動名詞について。

【work】【read】【sleep】 などの動詞にingをつけるだけで、working(働くこと)reading(読むこと)sleeping(眠ること)という動名詞になります。

reading books(本を読むこと)というように対象物をつけると、より具体的に伝えることが可能。

本を読むことが「好き」と言いたいのであれば、I like reading books と表現すればOK!

解剖するとそんなに難しいことをしているワケではなく、主語+動詞(I like〜)に動名詞(reading)をくっつけただけ。


何度も同じことを書いてしつこいようですが、まず動名詞にあたる日本語を見つけることが最優先です。

「本読むの好きだよ〜」というような口述的な日本語から「私は本を読むことが好き」という具合にキリッとさせて「本を読むこと」という動名詞を見つけて抽出してください。

そこを見つければ、おっと…「見つけること」ができれば、そのあとは案外スムーズです。





【追記】2018年7月26日22:45
最後あんなに↑ドヤっておきながら大変お恥ずかしいのですが、例文の I need saving money が文法的にちょっとふさわしくなかったです。

理由を説明するとかなり長い話になってしまうので、この例文はいったん丸っと忘れていただいて、その代わり可愛い子猫のこととか想像してもらえると世界が少し平和になるとかならないとか…(ごまかし下手)




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ