肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tag

こんばんは、柳本マリエです。

本日2回目の投稿となります。
1回目はコチラ(画像クリックで飛びます)


現在まだまだ換毛期真っ最中のポーキー。
軽くブラッシングするすだけでゴッソリ!



毎日掃除をしていても、
このようなホワ毛玉が床に転がっております。



その毛玉で西部劇ごっこできるレベル。



自分の毛玉が気になるのか、
ブラッシング後はスンスンしてきます。



ポーキーの毛は
全体的に黒い部分が多いように見えるのに、
毛玉を丸めると白っぽい毛ばっかり。
なんでだろう?不思議!!!



ブラッシング後は安定のスヤァ…(半目)
こうなると揺らしても起きません!

昼も夜もしっかり寝るのがポーキー流。


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)



おはようございます、柳本マリエです。

【悲報】
ついにポーキーが、
トイレのドアだけでなく
両手で手前に引っぱる扉タイプのドアも
開けられるようになってしまいました(急に)

この手のタイプのドアを開けられると、
もはや家の中すべてのドアの開閉が可能に。

あまりにショックで、
見つけたときはしばらく放心状態になりました。

ただ開けるだけならいいのですが
中の物を誤飲してしまったり、
大きな事故につながる可能性があるので
すぐに対策をしなければなりません。

そこで、どうやって開けるのか確認するため
しばらく泳がせてみることに。



しかし、
私がこっそり見張っていることがわかると
すぐに声を張り上げるポキ氏。

(チッ、バレたか…!)

見てらっしゃい…
いつか必ず現場をおさえてやるんだからッ!


ポーキー「ニンゲンなんてチョロいぜ」


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)      


ネコと一緒に暮らしていると、
ときどき死を覚悟することがあります。

第3位
  
夜明けに下まぶただけを
器用に引っ張られたとき




第2位


背後からタックルされて
舌を噛んだとき




第1位


夜中に目覚めたら
ガン見されてたとき



どうしてネコって、
真夜中にガン見してくるんでしょうね?


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)



こんばんは、柳本マリエです。 

コーヒーが好きで毎日大量に飲むのですが、
マグカップなんて置こうものなら
ポーキーに秒で倒されるのでいつもイッキです。

  ↑ ツイッターでゆかりさんと話してて
このエピソードを描こうと思い立ちました。 


→→→←←←


連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)


最近ずっと雨ばかりでしたが、
ここ数日ようやく春っぽい爽やかな日が
続いていますね(風強いけど)



現在換毛期真っ最中のポーキーは、
相変わらず破壊王でイタズラばっかりしています。

私が目を離したスキに犯行を行うのですが、
途中で見つかってしまうと
明からさまに誤魔化そうとするんですよね。



↑猫をかぶって誤魔化そうとしているとき



↑誤魔化せないと悟ったとき

振り幅たるや…!

イタズラをしたときと、
人が来たときは明からさまに猫をかぶります。
ネコだけにね!!!!!!!



←押してニャ〜


連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)