肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tag


こんばんは、柳本マリエです。

寝ているポーキーをナデナデしたら、
ムクッと起きて耳をかこうとしたポーキー。

しかしそこには私の手があったため
実際に爪でガシガシしていたのは
自分の耳ではなく私の手。


(手の乾燥ヤバい)

爪でかかれたところが白くなってるの
おわかりいただけるだろうか?

ポーキーは私の手をかいたあと、
満足してまた眠りについておられました。

耳はいいの!?

そういえば最近、
寝ぐせ?なのかポーキーの頭が
完全に妖気を感じてるみたいです。



換毛期だから?
いやでも去年はこんなことなかった…

←コレ押してニャ(by ポーキー)



おはようございます、 柳本マリエです。

ポーキーのイタズラは
日に日にグレードアップしていて、
帰宅時にとりあえずバッグを置いて
うがい手洗いなどをしていると
中身が全部出ています。

なので、帰宅後の1番の仕事は
バッグを隔離させること。

それ以外に狙われやすいのが、
書籍やノートなどの紙類。

iPad Proにする前はブログの下書きは
ノートに描いていたのですが、
うっかり出しっぱなしでトイレに行くと
ビリビリに破かれる始末。

なので、
大事なエモ本はベッドの下に隠す!



この本はエモ界隈ではとても有名で、
発売当初もモチロン買っていたのですが
今は手元にはないのため
別ブログ「三十路のエモあがき」の参考資料として
また買ってしまいました。

この本は絶対に守り抜く!

ビリビリにされたときは、またご報告しますね。


【3/19 7:20追記】
ぱん太さんが私のことを記事にしてくれました!
(ちょ、タイトル!!!)



ぱん太さんの記事はマジでどれも面白いので
まだ読んでない方は読んだほうがいい!



こんばんは、柳本マリエです。 

本日3回目の投稿となります。
1回目「破局は突然に

このブログのタイトル通り、
ポーキーは肩に乗るのが好きなネコ。

1コマ目みたいな感じで乗っていることが多いですが
テンションが高いときは
首回りをバタバタと周っています。

勢いがあるときは
ガッツリ爪を立てながら周るのですが、
たまに絶壁のヤギのように慎重になることも。

なぜ不安定な肩がこんなに好きなのか、
猫語が話せたら聞いてみたいことのひとつです。


本日、連載「三十路勇者の占い伝説」の
も公開されておりますよ!



ポーキーが、
「2〜3回は見てね!」って言ってます。


こんにちは、柳本マリエです。

気がつけば3月も半ばに差し掛かり、
少しずつ春の陽気を感じる今日この頃。

本日は朝から外出しているのですが、
家を出てからずっと
腹部に違和感を感じていたんですよね。

チクッ、チクッ…

なんだろうこの痛み。
まぁ、しばらくしたらおさまるだろう。

チクッ、チクッ…

しかし、いつまで経っても
腹部の違和感が消えることはない。

やだな〜、こわいな〜。

気持ちをごまかしながら、
午前中をやり過ごすも
違和感はどんどん増すばかり。

バァァァン!

意を決してトイレに駆け込み、
恐る恐る自分の腹部を見てみると
そこには…




ポーキーのヒゲ!

インナーを貫通して、
腹にぶっ刺さってました☆
猫のヒゲってけっこう固いんですよ。


こんにちは、柳本マリエです。 

本日2回目の投稿ですよ!
1回目は初めてのプロレス観戦について綴ってます。

さて、1回目の投稿のときにアップした
山本かなさんからの連載祝い。



ポーキーへの首輪でした!
デザインもカラーも私のツボをおさえていて
さすがです。

じつは今まで、首輪やかぶりモノなど
1回も試したことがなかったポーキー。

1歳10ヶ月目にして初めての首輪をつけてみました!





ポーキーがちょっと小さいからか、
首輪がくるくる回ってしまって
それを追いかけるようにポーキーもくるくる。




カメラ目線はもらえませんでした。
(このショットが唯一ブレずに撮れた)

かなさん、
首輪もコーヒーもありがとう!大切にします!
(コーヒーはさっそく今朝飲んだよ)




ところでポーキーは、
トイレのドアを開けてウォシュレットの配線を噛む
というイタズラを頻繁に試みるのですが、
最近はドアストッパーの外し方を覚えてしまい
いとも簡単にトイレのドアを開けます。

3分に1回くらい開けるのため、
私が都度トイレに行って追い出す
という作業を繰り返していると
イラスト作業が全くはかどらず!!!

最近はもう、
トイレのドア前で描くことにしました。



このようにスツールを持ってきて、
ここであぐらをかいて描きます。



しかし、私がトイレのドア前に陣取ると
ソッコーでベッドでくつろぎ始めるんですよ!



んもー!わざとでしょ!