肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tag海外旅行


こんにちは、柳本マリエです。

私は海外旅行で時差ボケをしたことがなく、
どこの国に行っても初日から元気です。

そこで、
なぜこんなにも時差ボケをしないのか
自分なりに分析をしてみたところ、
毎回《前日は徹夜で荷造りに追われている》
という共通点が浮かび上がりました。

つまり、下記たった3ステップで
時差ボケから解放されることが証明できた
と言っても決して過言ではないのです!

ステップ1:徹夜で荷造り
なぜ早くやっておかなかったのか、と
自分を責めながら詰めていくのがポイント

ステップ2:極限状態で朝を迎える
寝ずに迎える朝というのは、
どうしてこんなにもダルいのか…

ステップ3:離陸前に意識が飛ぶ
座った瞬間グッドナイト☆


たったこれだけ!
ちなみに私は、
座席のリクライニングをしないほうが
ぐっすり眠れます。

フライト中に長く眠れるので、
到着後は初日からフルパワーで遊べるよ!

また、夜の到着だったとしても
ベッドに入って体を休めていれば
エネルギーチャージが早いかと。

初日を制覇する者は
時差ボケをも制覇する!
ー Marie.Y ー


ポーキーがいるので
今は海外旅行は考えていないですが、
大好きなフランスやLAはまた行きたいなぁ。


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第6話公開中


叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき



おはようごさまいます、柳本マリエです。

GW真っ最中ですが、
みなさんお出かけしているのでしょうか?
私はこのGW中に片付けることが多々あって
本気出していこうと思っております。

さて、
久しぶりにイギリス人の元カレの話ですが
私はてっきり英語が話せると
世界中の旅行がラクだと思っていたんですよね。

でも実際は違ったようで。

例えば英語圏ではないフランスで
私が母国語ではない英語を使って話す分には
「コミュニケーションを取ろうと努力している」
と捉えてもらえるようですが、
もともと英語を話す元カレがそれをやってしまうと
「相手(の言語)に合わせるつもりはない」
と捉えられてしまって風当たりが強いそう。

よって、海外旅行へ行くときは
英語を話す元カレのほうが
熱心に下調べをしておりました。

英語が話せるのも
ラクなことばかりではないんですね。


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第6話公開中


叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき