肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tagゾンビ

こんばんは、 
柳本マリエ(@MarieYanamoto)です。 

先ほどFilmarksさまにて
『ゾンビ・ガール』記事が公開されました。


こちらの記事を書いてから
じつは少し期間が空いたもので、
改めて読み返したら自分が恐ろしくなりましたね。

実話だけど引かないでね!
「当時付き合っていた彼」とは
ご存知イギリス人の元カレのことです。


↓  ↓  ↓


繰り返しますが、引かないでね!!!

そして今は、
また別のゾンビ映画と向き合っておりまして
この夏は寝ても覚めてもゾンビのことばっかり
考えている生活です。


→→→←←←
  
連載「三十路勇者の占い伝説」第13話
 
映画レビュー「FILMAGANEW!

叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき


こんにちは、柳本マリエです。

ゾンビ好きなら
1度は妄想したことあるのではないでしょうか?

「エレベーターのドアが開いた瞬間、
ゾンビが襲いかかってきたらどうしよう」
って。

エレベーターって時点でフラグ立ってますから。
もう絶対出ますから!!!
日頃からイメトレしておいたほうがいいですよ。


オススメ ゾンビ映画
「ショーン・オブ・ザ・デッド」
「ゾンビガール」
「ゾンビランド」

オススメ ゾン美学者
ねこたぬの絵日記」みーすけ氏
ゾンビ記事→「ゾンビ好き


ところで、
エレベーターの開閉ボタンって
なんであんなに間違えやすいんですかね?
とっさに「開」と「閉」の判断がつかず
何回も人を挟んだことがあります。

たまに漢字ではなくて 
矢印ボタンのところもあるけど、
なぜかそれでも間違えちゃう!!!


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)