肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tagイタリア

昨日、夜中にチョコパイでも食べてやろうと
つぶやいたところ、
友だちのEMILYからこんなリプライが。

  

おいしそうな組み合わせだったので、
さっそく先ほど試してみました!



《用意するモノ》
・チョコパイ(何個でも)
・プレーンヨーグルト(何個でも)



予想通り、見た目はパーフェクト!
さて肝心のお味は?



ブログ用の写真でなければ、
手で持って直にヨーグルトにチョンチョンしますが
ここはお上品にフォークでね。




ウザめのピントずらし!
早く食べろよって話ですよ。

いざ実食!!!



ひとくち食べたところで豪快に手を滑らせる。
よりによって大事なヨーグルト部分に、だ。

しかし味はうまい(ような気がする!)

ひとくち目は
味を理解するのに少々時間を要しましたが、
おいしい(気がする)。

よく「あと味サッパリ」という表現がありますが
これは先にヨーグルトの酸味が広がるため、
さき味サッパリ!です。

そしてあとからチョコレートの甘みがジワる。
これはなかなかおいしい(気がする)ぞ!
興味がある方も、そしてない方もぜひお試しあれ。

教えてくれたEMILYは、
イタリアのミラノ在住なので
やはり食に関してセンスがいいですね。

EMILYのブログ
本場イタリア料理のレシピから
イタリアの日常・非日常まで、
毎度濃ゆい内容になってます!!!

写真が毎回キレイなので、
イタリアの風景を見てるだけでも癒されますよ。


LINEスタンプキャンペーンは→コチラ 


ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






本日2回目の投稿です。

オランダ人は倹約家だそうで、 
たとえプレゼントでもセール品を贈るのが
喜ばれるとのこと。

良い品を安く買うことが評価されるため
堂々とセール品と言って問題ないそうで。

プレゼントした相手に直接、
「セール品を贈ります、どうぞ!」とは
なかなか言いにくい気がするのですが、
相手がオランダ人ならぜひ言ってあげてください。


…と、このエピソードのネタ提供者は
リアル友だちのEMILYでした!
オランダに嫁いだEMILYの友だちが
実際に体験した話だそうな。

私の友人EMILYは現在、イタリアのミラノ在住で
(オランダは全く関係ない!)
現地ミラノからおいしい物や面白いイベントを
ブログ「Milaneseイタリア奮闘記」を通して
毎日発信しているよ。



EMILYのブログはとにかく写真がキレイ!
そしてイタリアの食文化がマジでヤバいです。

推し記事は断然コレ!
おったまげましたよ私はホントに。
日本では見たことないです(ないよね?)

海外在住って聞くと華やかに見えますが
異国で暮らすということは、
たやすいことではありません。

周りの人にどれだけ恵まれていても
日本との絶対的な距離や、言葉・文化の壁は
(私にとって)とても厚く感じました。

そんな異国の環境に揉まれつつ、
ほんわかイタリアエピソードを毎日更新する彼女を
私は全力で応援しているのです。

どうか皆さまも、
EMILYのことを応援していただけたらと思います。

EMILYのブログ

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)





ホラーゲーム仲間のスイス人宅で、
BBQホームパーティーが行われた。

みんながオサレなビンのお酒を飲む中、
私はお酒が飲めないので、持参した炭酸水を
あたかもお酒のように飲んでいたところ
ひとりの女の子が話しかけてきた。

それがEMILYとの出会い。
2014年夏の出来事。 


※そのとき集まった人々の靴

意気投合した私たちは、
その日のうちにお互いの生活・恋愛・仕事など
色んなことを語り合い
これからさらに友情を深めていくんだろう、
そう確信していた矢先、
EMILYはイタリアへ移住した。

なんの前触れもなく!



なぜ!?なぜイタリアへ!?
その全貌が、EMILYのブログで明かされる!

ライブドアブログ



と、いうことで!
気づいたらイタリアのミラノに移住していた
私の友人EMILYが、ライブドアブログで
イタリアでの奮闘の日々を綴ることとなりました!

ブログタイトルは、ズバリ【Milanese】
ミラネーゼと読みます。

下の階に住む個性的なアーティスト
日本では考えられない珍事件、
美食の国イタリアで織り成す様々な人間模様

そのすべてがEMILYのブログ、
Milaneseイタリア奮闘記」に詰まっています。

言葉も通じない異国の地で奮闘するEMILYを
一緒に見守っていただけたらうれしいです!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)







お世話になっております、柳本マリエです。

昨日は、OF THE YEAR 2016受賞の
お祝いメッセージありがとうございました!
(特設ページは→コチラから)

賞の名に恥じぬよう、
これからも精進して参りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨日はイタリアから帰国している友人
りえちゃんと遊んでました。



りえちゃんはもうすぐ
イタリアへ渡ってしまうのですが、
そろそろクリスマスシーズンの始まりです。

イタリアのクリスマスというと
(私的に)あまりイメージがなかったのですが、
アメリカやイギリス同様にホームパーティーなど
頻繁に開催されるとのこと。

そのときの食事量が、とにかくハンパないらしく
ちょっと(思い出して)苦しそうにしてました。

イタリアの通常の食事は、
ザックリいうと下記のような流れ(うろ覚え)

アンティパスト(前菜)
プリモ・ピアット(メイン料理1:炭水化物)
セコンド・ピアット(メイン料理2:魚や肉)
デザート
エスプレッソ



クリスマスシーズンは、このメイン料理1と2が
それぞれ2倍になって食卓に並ぶそうですが、
アンティパストという前菜の時点で山盛りらしく
(前菜といってもパンみたいなのも含まれる)
まさにフードファイター状態とのこと。

しかしこれがイタリアの
伝統的なクリスマスのおもてなしだそうで、
今でも色濃く残っているそうな。

マジで、
イタリア(天国)
行ってみたい!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






先日の記事に引き続き、 
イタリアから帰国中のりえちゃんと
会ったときのこと。

海外で生活をしていると、
やはり恋しくなるのは母国の味。

イギリスの回転寿司で見た
カッパ巻きの高値にもビビりましたが、
塩サバ(半身)で4千円は衝撃的でした!

もう1度言いますが、
半身ですからね!

りえちゃんも4千円にはかなり驚いたようで、
そうとう悩んで決心したとのこと。

ところでイタリアといえば
食事がおいしいイメージですよね?
りえちゃんがイタリアで特に感じたのは
野菜のおいしさらしいです。



ドレッシングがいらないってすごい!


さてさて、
本日はこのあとりえちゃんと会うよ!
3日ぶりの再会となります。


ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)