肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Tagイギリス


こんばんは、柳本マリエです。

たった1日大阪にいるだけで、
大阪弁がうつる私。

《関連記事》

イギリス人と付き合っていた頃も
言葉が相手に引っぱられてしまうことが多く、
気づいたら「Ahah(アハン)」という相づちだけは
一人前になってました。

アハンのひとり歩きです。えぇ。

しかしあるとき急に、
「ちょっと何いきなり欧米気取っちゃってんの!」
と自分の中で温度差が生じるようになり、
それからアハンは封印しました。

「うん」とか「ほう」とか「へぇ」とかを
意識して答えています。


【お知らせ】
私は今、ブログ以外にLINE占いMAGAZINEで
漫画連載をさせていただいているのですが
じつはこの度、新たに3つの媒体で
新しい漫画を描かせていただく運びとなりました。

明日以降、
随時お知らせさせていただきます〜!
     

→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第10話公開中 NEW!
 
叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき

柳本マリエ撮影写真販売中「スナップマート」 NEW PICS!


こんにちは、柳本マリエです。

日本の文化「皿上のひとつ残し」
これは居酒屋などでもよく見かけますが
最後のひとつは箸をつけにくい。

イギリス人の元カレが日本で初めて
最後のひとつの譲り合いを見たときは
とても驚いたそうで。

この文化を「優しくて良い」
と、とても気に入っていました。

ただ自分がやるときは
譲ったり受け入れたりのさじ加減が難しいらしく
こと細かにタイミングなどを聞かれたのですが
こればっかりは私にも正解はわかりません!!



【お知らせ】
チカ母さんとある企画を進行ちう!

↑ チカ母さんが某映画風に作ってくれた背景がスゴい!

近日公開予定でーす!お楽しみに!


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます) 


おはようございます、柳本マリエです。

20代の頃は今よりもゴリゴリに 
マツエクやネイルをしていたのですが、
この日本の技術にイギリス人の元カレは
いつも驚いていました。

イギリスに技術がないということではないですが
マツエクのような繊細さや、
ネイルの豊富なデザイン性は
イギリスでは見られないとのこと。

こちらとしては、
彼らのフッサフサのまつ毛や
スラッとした手足のほうが羨ましい。



と、昨日ネイルを変えながら思い出しました。

 
→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」公開中(画像クリックで飛びます)      








お世話になっております、柳本マリエです。 

かれこれ5〜6年前(もっと前かな?)の話ですが
イギリス人の元カレが日本の私の自宅を見て、
まず食いついてきたのが魚焼きグリル。

「コレは何に使うのか」と聞いてきたので
魚を焼くためのグリルだと説明したところ、
戸惑っていました。

当時オーブンレンジもあったので
焼き物についてはそっちで事足りており、
魚焼きグリルは確かに魚専用になっていましたが
【魚への特別扱い】に対して、
なぜか納得していない様子の元カレ。

正直そこに食いついてくるとは
思っていませんでした。

ちなみに1コマ目の「高層」ですが、
高層マンションに住んでいたワケではなく
元カレからすると、2階より上は高層とのこと。


ところで皆さまは、
ガスコンロ派でしょうか?IH派でしょうか?
私は「料理は火力」だと思っていたので
生粋のガス派だったのですが
今ではすっかりIH派になってしまいました。

IH派になった理由については、
また改めてブログにアップしますね。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






お世話になっております、柳本マリエです。
本日2回目の更新となります。

私は、イギリス人の元カレと付き合うまで
年賀状に「A Happy New Year」と書いてました。

しかしこれは
「明けましておめでとう」の挨拶で使う場合、
イギリス人の元カレからすると
「言いたいことはなんとなくわかるけど、
使わない(言わない)」とのこと。

例えば、「誕生日おめでとう」を
「A Happy Birthday」と言わないのと同じように
「明けましておめでとう」も
「A Happy New Year」とは言わないそう。

ではなぜ私は「A」がついた状態で
書いていたのでしょうか?
(元カレに指摘されて調べました)

これは、文章としてなら
「A」をつけて構成されることがあります。
「I wish you a Merry Xmas and a happy new year」

上記の場合は
「【よいクリスマス】と【よいお年】を、
お迎えください!」という具合に
【名詞】として使うのでOK!

このように、
wishやhaveとともに用いられることが多く
「A」が残ったまま「A Happy New Year」の形で
浸透してしまったとのこと(諸説ありそう)

「明けましておめでとう」の挨拶だけなら
「A」は、いらないそうです。



「A」とか「The」って、使い方難しいですよね。
指摘されるまでガンガン使ってました。

さて、とうとう三が日も今日で最後!
皆さま、どうか餅をのどに詰まらせないよう
お気をつけてお過ごしくださいませ。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)