17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

タグ:わるのりてづくり

前回の記事でもお伝えいたしましたが、 大好きな前川さなえさんの新刊 「わるのりてづくり」が発売

前回の記事でもお伝えいたしましたが、
大好きな前川さなえさんの新刊
「わるのりてづくり」が発売されたので
ライブドアブログ運営元のLINE本社にて
献本会が行われました!


じつはLINE本社が渋谷ヒカリエから
新宿ミライナタワーへ移転したばかり。
超ゴージャスなオフィスにテンションMAX!

翌日に新社屋お披露目会が行われたので
オフィスの様子はそちらのレポにて
詳しくご紹介いたします!

献本会当日の、さなえ☆ファッション↓


胸元のクマブローチはもちろん手作り!
制作時間は2〜3時間とのこと。

書籍には今までさなえさんが作ってきた
ユニークな作品がたくさん掲載されているのですが
その一部を実際に見せてもらいました!


↑芋けんピン

↑去勢手術後の猫(エリザベスカラー付)

↑木製の鼻笛(大工さんと一緒に作ったそうです

私は鼻笛というものを初めて見たのですが、
鼻息で吹いて口元で音程を調節するそうです。

プラスチック製の鼻笛の場合、
笛の部分が歯に見えることから
羊毛フェルトでカバーを作ったそう。

↑羊毛フェルトのカバー

↑着画はこんな感じ
(書籍ページ掲載OKいただいてます)

このように発想がとてつもなくユニークで、
さなえさんのセンスが光まくっておりました!
しかし意外にもこういったアイディアは
理系の考えから生まれているとのこと。

作品はモノだけでなく、
料理やメイクにまで幅広く掲載されているのですが
例えば焼き菓子などは膨らむことを想定して
あらかじめ引き算していたり。

この市松模様のケーキはまさに理系!


頭で考えた理屈は合っていても、
作っている最中は少し不安になったそう。
でも一発で成功したそうですよ!

アイディアが生まれる段階で、
こうして作れる見込みのあるものを作るので
大きな失敗はしたことないとのこと。

今ご紹介したのはほんの一部で、
書籍にはほかにもユニークな作品が
たくさん掲載されております。

普段、仲良くさせてもらっているから
ついつい忘れちゃうのですが
本当はスゴ〜い人なのです!!!


献本会のあとは
みんなで中華料理をいただきました。


フカヒレを食べたあとのみんなの感想は
「春雨とは違う」で一致。


「わるのりてづくり」献本会メンバー
ぷにんぷ妊婦」前川さなえさん
くららんち。」いとうくららさん
ほわわん子育て絵日記」けえこさん
天使な小悪魔たち」フクミーさん
むすめ雑記帳」もづこさん
きょうの横山家」横山了一さん


さなえさん、改めて
書籍発売おめでとうございまーす!


→→→←←←

連載「三十路勇者の占い伝説」第6話公開中 
 

叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき