17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

タグ:おもてなし

お世話になっております、柳本マリエです。 昨日は、OF THE YEAR 2016受賞の お祝いメッセージありがとうございました! (特設ページは→コチラから) 賞の名に恥じぬよう、 これからも精進して参






お世話になっております、柳本マリエです。

昨日は、OF THE YEAR 2016受賞の
お祝いメッセージありがとうございました!
(特設ページは→コチラから)

賞の名に恥じぬよう、
これからも精進して参りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨日はイタリアから帰国している友人
りえちゃんと遊んでました。



りえちゃんはもうすぐ
イタリアへ渡ってしまうのですが、
そろそろクリスマスシーズンの始まりです。

イタリアのクリスマスというと
(私的に)あまりイメージがなかったのですが、
アメリカやイギリス同様にホームパーティーなど
頻繁に開催されるとのこと。

そのときの食事量が、とにかくハンパないらしく
ちょっと(思い出して)苦しそうにしてました。

イタリアの通常の食事は、
ザックリいうと下記のような流れ(うろ覚え)

アンティパスト(前菜)
プリモ・ピアット(メイン料理1:炭水化物)
セコンド・ピアット(メイン料理2:魚や肉)
デザート
エスプレッソ



クリスマスシーズンは、このメイン料理1と2が
それぞれ2倍になって食卓に並ぶそうですが、
アンティパストという前菜の時点で山盛りらしく
(前菜といってもパンみたいなのも含まれる)
まさにフードファイター状態とのこと。

しかしこれがイタリアの
伝統的なクリスマスのおもてなしだそうで、
今でも色濃く残っているそうな。

マジで、
イタリア(天国)
行ってみたい!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)