17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

カテゴリ: 現在の話(リアルタイム)

おはようございます、柳本マリエです!ちょいと今回はいつもの回想記ではなく、いま現在の話をさせてくださいッ。 内容はタイトルの通りで、格安SIM(LINEモバイル)に乗り換えてから2ヶ月目の携帯料金の請求額が2円だったんですよ。2円て!!!ちなみに1ヶ月目の請求額は432円
おはようございます、柳本マリエです!
ちょいと今回はいつもの回想記ではなく、いま現在の話をさせてくださいッ。 

内容はタイトルの通りで、格安SIM(LINEモバイル)に乗り換えてから2ヶ月目の携帯料金の請求額が2円だったんですよ。
2円て!!!
ちなみに1ヶ月目の請求額は432円でした。
まさかこんなに安くなるとは思っていなかったため驚きを隠せず…


ツイッターに投稿したら少し反響が!
そこで今回は格安SIMの仕組みと実際に使ってみた使用感をレポさせていただきます(PRや回し者ではなく個人的な感想です)


IMG_8484


格安SIMに乗り換えるにはまずいくつかの聞き慣れない言葉が出てくるかと思います。

大手キャリア(MNO)
docomo・au・SoftBankのこと

格安SIM事業者(MVNO)
LINEモバイル・UQモバイル・mineo・IIJmio・DMMモバイル・QTmobile・U-mobile などなどなど

格安SIMに乗り換えるには、格安SIM事業者と契約して格安SIMカードを発行してもらう必要があります。
大手キャリアに契約プランがあるように、格安SIM事業者にもさまざまな契約プランがあるので、自分のネット環境や使用頻度に合ったものを選ぶことがミソ。私は、契約していたソフトバンクが提携しているLINEモバイルに乗り換えました!

では、どうして大手キャリアから格安SIMに乗り換えると安くなるのか。茶番を描きましたので、まずはこちらをご覧ください。

IMG_8492

格安SIM事業者は本来必要な通信回線を
大手キャリアから借りている!
→設営費や維持費などコスト削減→安く提供

まさに居候(言い方!!!)
家賃や光熱費は家主が払って、そこに寝泊まりさせてもらっているイメージですね。

IMG_8491


デメリットとしてよく言われるのが通信速度。回線の一部を借りているので、昼休みや帰宅時などは混み合うことがあるようです。

しかし私はいまのところ速度について不便を感じたことはなく、どの時間帯でもストレスなく動いています。これは自分の生活環境によって多少変わってくると思うので、ちょっと賭けみたいなところはありますね。

あとは大手キャリアと解約をするので、メールアドレスも使えなくなります。私はメアドでのやり取りはいっさいしていなかったのでこれもデメリットにはなりませんでした。


2018年6月2日にSIMカードを切り替えて、それ以降に支払った金額は下記↓

IMG_8487


LINEモバイルでもソフトバンクでも「手数料」としてそれぞれ3,000円ずつ発生しています。
これは転出するときと転入するときに必ずかかる費用で、私の場合は転入手数料が無料になるキャンペーンの対象だったため転出手数料だけかかりました。


IMG_8493

引っ越しをするとき、転出届と転入届を出すじゃないですか。格安SIMへの乗り換え手順も似たようなもので…

転出届
まず契約している大手キャリアに連絡をして転出の旨を伝え、MNP予約番号という謎の番号を取得します。これはいま使っている携帯電話の番号をそのまま引き継ぐために必要な番号となります(この番号がナマモノみたいで2週間ほどで有効期限切れとなるのでご注意を!)

転入届
番号取得後は格安SIM事業者と契約をしてSIMカードを発行してもらいます。私は申し込み後2日くらいでSIMカードが届きました。

届いたSIMカードと、もともとiPhone6sに入っていたSIMカードを切り替えたのが6月2日の夜。

FullSizeRender


基本利用料が2ヶ月間無料になるキャンペーンの対象だったため、このような破格の請求額となりました。本当に丸っと無料になるとは…

次回からは、1,690円(コミュニケーションフリープラン3GB)が請求される予定です。ちなみにこのプランは、LINE・Instagram・Twitter・Facebookはギガフリーなのでツイ廃の人にオススメ。


【結論】
乗り換えは少しややこしい部分もありますが、私はいまのところメリットしか見えないので本当に乗り換えてよかったと思っています。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ