肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Categoryポーキー



検証した結果、
100%でした!!!

もう、とにかく頭(特に後頭部)をピンポイントでどついてきます。あまりにも連続でどついてくるので「舌噛んで死んだらどうすんじゃーーー!」というお決まりのフレーズが部屋中に響く。

しかしながらこのように持ち上げるとすぐ落ち着きます。



なんなの!!!
なんなのこの茶番は!(なんなの!)







こんにちは、柳本マリエです。

ポーキーの寝る場所は季節や気分で日々変わるようですが、最近はイス→ダンボールで寝ている模様。
私は4時くらいには寝てしまうのでそれ以降の動きがわからなかったのですが、明け方は私の顔の上で寝ていることが判明しました。

7時に起床(意味:7時に朝ごはん)のポーキーは、7時を過ぎると枕元のスツールの上から爪を出して容赦なく顔パン(顔パンチ)してくるという流れです。
このとき目元や唇という顔の中でも比較的柔らかい急所を狙ってくるあたり、さすがだなって思います(何が!)



10月に入って本格的に涼しくなってきたので、猫肌恋しい季節ですよね。








普段は撫でられるの好きじゃんかー!
2年も一緒に暮らしているのに、いまだに猫の気持ちがわかりません。

顔パンはまだいいのですが、爪で鼻の穴をグリグリしてくるのは本当にやめていただきたいッ☆



↑ 最新のポーキー
食べたり寝たり遊んだりしています。




しかも足クロスしてやがるッ!!!

今に始まったことではないですが、とにかくひとり言が多いポーキー。基本ずっとニャゴニャゴ言ってます。
風呂のときは、やたらさみしそうに鳴くので急いで出てみると、だいたい窓の外を見ていたりハンモックでくつろいでます。

こっち見ろや〜!


→→→←←←

映画コラム「FILMAGANEW!

叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき
ヤナマリ「Instagram」 marie13th



おはようございます、
柳本マリエ(@MarieYanamoto)です。


夏の終わりとともに訪れるワクチン注射。と、いうことで行ってきました動物病院!






入らないのかーーーい!!

小さい頃からキャリーに慣れさせているので、普段はよく入っているのですが…やはり何かを察知したのか?この日は謎の警戒を示す。



角度やべぇ!!!

最終的にこのあと普通に入ってました。
キャリーについては自宅で警戒される分にはさほど問題ないのですが、万が一出先で渋られると大変なので、念のため好物のおやつを持っていったほうが安心。

また、病院までの間に外の世界がみえすぎてしまうと興奮する可能性もあるのでこのようにタオルをかけて移動します。



昨年もそうでしたが、ポーキーは病院も注射も毎回特に怖がることなく淡々と終わるタイプ。

今回、待合室にすでに診察後のワンちゃんがおりまして。けっこうな大型犬で、目の前を通ったときにシッポを振ってくれるとっても人懐っこい印象のワンちゃんです。
そして、なんとなくですが(完全に私の推測だけど)飼い主さんがポーキーに気づいて早めにワンちゃんを車に連れてってくれたような気が…した!(たぶん)

犬猫の動物病院なのでもちろん犬と猫が待合室で一緒になるのは当たり前ですが、今回に限らずワンちゃん側の飼い主さんの配慮を感じることが多々あります。

ワクチン注射後、ポーキーは特に問題なく過ごしていてひと安心。よかったよかった。また1年後だね。


→→→←←←

映画コラム「FILMAGA

叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき
ヤナマリ「Instagram」 marie13th