肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category連載などのお知らせ

おはようございます!
柳本マリエ(@MarieYanamoto)です。

私は現在、映画関係の連載の仕事をさせていただいているため月に5〜10本くらいの新作映画を見ています。
基本的に、媒体の担当者さんもしくは配給さん宣伝さんから直接マスコミ試写に招待していただいて見るのですが、スケジュール的に難しい場合はDVDや資料を送付してもらって見ることも。

【関連記事】

そこで本日は…
マスコミ試写がどんな感じで行われているか、私がどんなことをしているかご紹介させていただきまーす!!

まず、試写会場は都内にたくさんあってひとつの作品につき5〜10回くらい上映されます。「この日程の中で都合のいいときに来てください」という具合に試写状をいただき、それを持って会場にイン!



上映30分前くらいには着くように心がけています。受付で名乗るとパンフレットや資料をもらえるので、それを持って試写室へ。

キャパなどは試写会場によって違いますが、基本的に映画館の設備と変わりありません。人気の作品はかなり混み合うので、まずはとにかく席の確保から!


席を立つときはこのようにパンフを置くのが(暗黙の?)ルール。パンフが置いてある席は取られることはないのでトイレなど直前に行けます。


試写会場には映画の配給さんや宣伝さんも多くいらっしゃるので、上映前は名刺交換や挨拶などを済ませます。
みなさんとても親切に私の記事を読んでくださっていて「この前の◯◯記事見ましたよ〜!」などと気さくに声をかけてくださるから、つい天狗になりがち。

上映後も映画の感想などお伝えしたり今後の注目作品を教えていただいたりと、かなり色んな情報が入ってきます。

昨日は間髪開けずに『アウトレイジ 最終章』からの『先生!、、、好きになってもいいですか?』という、ヤクザ→純愛の流れだったのでひと晩明けた今もなお脳内処理が追いつきません!

「鑑賞後はぜひツイッターやSNSなどで感想お聞かせください」というアナウンスがあることがほとんどなので、私も微力ながらツイッターやインスタでリアルタイムに率直な感想を投稿しちゃってるよ!

まだまだ新参者で慣れない部分もありますが、配給さん宣伝さんと直接会える機会なので、よほど立て込んでいない限り試写に伺っております。

こんな具合に平日は試写ってることが多いです。今日は、まったく別のイベントがあるので参加してきますよ!楽しみ〜!

それでは行ってきますッ!!!


こんにちは、柳本マリエです!

今日はお仕事の関係で1日試写DAYなのですが、ドンパチ血みどろアウトレイジ 最終章からのピュアっピュア純愛先生!、、、好きになってもいいですか?という異色の流れに脳内の処理が追いつきません!



10月7日公開『アウトレイジ 最終章』からの…


10月28日公開『先生!、、、好きになってもいいですか?』という振り幅!


『アウトレイジ』は、もともとヤクザ映画全般が好きなので「ピエール瀧(のチンピラ役)は毎回さすがだな」とうなずきながら、大杉漣の(あえての)ポロシャツ姿にキュンキュンするなど冷静に見ることができました。

しかしながら問題は『先生!』
青春恋愛映画に対しての耐性はほぼゼロのため、冒頭5秒で先ほどまでのヤクザ感が一気に浄化され…

全マリエが泣いた!
もうホント、疲れ果てるまで泣きました。

生田斗真(先生)と広瀬すずちゃん(生徒)の純愛ストーリーなのですが、まずやっぱりどうしても思っちゃうよね。「生田斗真みたいなイケメン先生がいる学校ってどこにあるんだよ!!!」ってね(わかってる、そんな学校ないんだよ…!)

もう本当にただただ美しいです。映像もストーリーもすべてが美しい。そして何よりロン毛率が高い!ここ重要。どの俳優さんも素敵でしたが、今回衝撃のパーフェクト・ロン毛を持つ逸材を発見してしてしまいましたよ!



竜星涼(りゅうせいりょう)くん
竜星・涼 なのか 竜・星涼 なのか考えてしまいました。

とにかくパーフェクト・ロン毛!!!
いつくか理想のロン毛があるのですが、こういうタイプのロン毛はかなり好きです。特にオススメは文化祭のシーン!ロン毛好きは必見ですよ!


…あまり書きすぎると原稿で書くことがなくなってしまうので、このあたりで止めておきますね。

『アウトレイジ最終章』は10月8日公開
『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日公開です。

気になる人は今のうちから10月のスケジュールを確保だよッ☆


こんばんみ!
柳本マリエ(@MarieYanamoto)です。

昨日、Filmarksさまで『新感染 ファイナル・エクスプレス』記事が公開されました。


本作はゾンビ映画なんですが、頭が痛くなるくらい泣きました。世界中からの評価も高いようで、アメリカでリメイクが決まっているそうですよ。

グロさはほとんどないから、ドロドロ系ゾンビが苦手な人でも大丈夫かと思います。あと、主演の俳優さんもイケメン!

記事はコチラから
↓ ↓ ↓


ところで、上記記事はFilmarksのFILMAGAにて掲載させていただいているのですが、同じFILMAGAライターのフクイヒロシさんの『クリーピー 偽りの隣人』記事がおなか抱えて笑えます。

この映画については何日か前のブログで私も綴っていますが、マジで面白いんですよ。huluで配信してるので契約してる人はぜひ!
『新感染 ファイナル・エクスプレス』はまだ上映中なので映画館でぜひ!

3連休中の方も、そうでない方も良い週末を〜!!!


→→→←←←

映画コラム「FILMAGANEW!
叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき
ヤナマリ「Instagram」 marie13th

こんばんみ!柳本マリエです。
本日2回目の投稿となります。1回目はコチラ↓



さてさて本日、シネマトゥデイさまにて連載している漫画「憑依系女子 夢野映子の1日」の『三度目の殺人』編が公開されました!



池面鷺男(いけめんさぎお)という、ふざけた名前を提案しても寛大に受け入れてくれたシネマトゥデイ!(内心ドキドキしながら提案したよ)

今回はこの池面ことイケメンが、映子に翻弄されます。『三度目の殺人』の中の誰が憑依したかわかるかな〜?

つづきはコチラから↓


→→→←←←

映画コラム「FILMAGA

叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき
ヤナマリ「Instagram」 marie13th



こんばんみ!柳本マリエ(@MarieYanamoto)です。

本日、Filmarksさまにて『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』記事が公開されました!

↓ ↓ ↓



この映画は、ドラッグの更生プログラムを受けながら路上ライブで生計を立てていたジェームズさんが、負傷した猫(ボブ)を助けたことにより自身も更生することができたという奇跡の実話。

ボブとの奇跡をジェームズさんが綴った書籍がベストセラーとなり、こうして映画化もされたワケですが…
スゴいのが、映画では猫のボブが本人役で主演を果たしているのです!(スゴくないですか!?)

ジャパンプレミアにも招待いただいておりまして、そちらの様子は過去記事でご覧いだけます。


来日までしちゃうボブ!
リアルボブはすっごいムキムキで頼もしかったよ。いま思い出しても目頭熱くなるぜ。

Filmarksさまの記事では、見どころや具体的な奇跡について綴らせていただいております。

↓ ↓ ↓


うちのお猫さまはコチラ。最近、作業台で寝るようになってしまって仕事が進みません(言い訳)

→→→←←←

映画コラム「FILMAGA
叙情系絵日記ブログ「三十路のエモあがき
ヤナマリ「Instagram」 marie13th