肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Categoryイギリス人の元カレ(海外ネタ)


先日ご紹介した
まさかの体の泡も流していませんでした。

というか、
そもそも風呂場に
シャワーがない!
(蛇口のみ)

泡はタオルで拭くと言うのですが、
正直タオルで拭き取っただけじゃ
濡れたとき泡立たない? 

ただでさえ雨が多いイギリスなんだから。
しかも傘もささないし。



ここまでの衝撃をまとめよう!

③体の泡まで流さず、
(①②④はリンクから過去記事に飛べます)

泡に対して寛容すぎじゃないですか?
もしかして普通は泡って流さないの?
まさか、流す私が少数派?

よかったら皆さまのご意見お聞かせください!




例えば、今日が月曜日だったとしたら
日本語で「次の土曜日」というと
その週(直近の)の土曜日を指しますよね?

しかしその日本語の【次の】を
英語の【次の】にあたる【next】で使ってしまうと
1週間ズレてしまうのです。


今日が16日だった場合に、次(直近)の
21日(土)のことについて言いたいとき 

日本語:次の土曜日→ 21日の意味
英語:次の(next)土曜日→ 28日の意味

英語で直近の曜日を言いたいときは
【next】ではなく【this】を!

【例文】次の土曜日ランチしようよ
【誤】Shall we have lunch next staurday
【正】Shall we have lunch this staurday

ちなみにこの「Shall we〜」は
アメリカ英語ではほとんど使われてないらしく
イギリスでも今はあまり使われてないそうですが
元カレは割りと頻繁に使ってました。

私たちはこの【next】と【this】の違いのせいで
何度もケンカしてましたよ。

約束するときは曜日と共に
日にちでも確認することをオススメします。


19:30【追記】
上記例文の土曜日という単語のスペルを
堂々と間違えております!
※コメント欄でご指摘頂き、初めて気づく

早々に教えて頂いたおかげで、なんとか
恥をかかずに済みました!(済んでない)
恥ずかしいけど、このまま残しておきますね!

【誤】staurday スタウデー 
【正】saturday サタデー

↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!


外国人を悩ます日本語のひとつ、オノマトペ。

しかしそれがふんだんに出てくるのが
そう、あの「ワンピース」 です。


キャラクターは
悪魔の実という果実を食べていることが多く
実の名前がオノマトペになっています。

「ワンピース」以外にも
我らが「ポケモン」のピカチュウが
「ピカピカ!」と、よく言うので
アニメ好き外国人ならだいたいの人が
意味を知っているはず。




日本では中学で習う英語として
【enjoy】がありますよね。

しかし!
私は、ネイティヴに英語を話す人から
【enjoy】という言葉を聞いたことは
ほとんどありません。

【楽しい】を表す言葉として
最も使われるのは【have fun】です。

例えば、
「昨日は楽しかった」と言いたいときは
I enjoyed yesterday とは言わずに、
I had fun yesterday と言います。
※ had = have の過去形

【enjoy】を使う機会は、たま〜に
「楽しんでね」と言うときに使うくらい。
出席したかったイベントなどに行けない場合に
「enjoy your party」などと言ったりします。
が、これも【enjoy】を使うのは稀で
基本的には「have fun your party」
などと言う方が圧倒的に多いです。

よく「よい週末を」って言うとき
「have a nice weekend」などと聞きませんか?
その【have】と同じ使い方です。

【enjoy】は文法的には間違っていないですが
99%くらいは【have fun】を使います。
なので、私もマネして使うのですが
ひとつ大きな問題が。



日本人の苦手な発音、
【v】と【f】が立て続けにあるので
マジで伝わらない。下唇めりこむ系。


↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!



20代半ばの頃、
フランスにいる友達と 
もっとコミュニケーションを取りたくて
本格的にフランス語を習ったことがありました。

習い始めてまずビックリしたのが、
フランス語って名詞に性別があるんですよ。
しかも性別によって前後の単語が変わるので
覚えないと文法を組み立てられないのです。

例えば、こんな感じ。
livre】(本):男性名詞
ciel】(空):男性名詞
voiture】(車):女性名詞
Japon】(日本):男性名詞
France】(フランス):女性名詞

ナンデ!!!
日本が男性でフランスが女性って、どゆこと!

そう、この名詞の性別には規則性がなく
とにかくもう決まってるモノなのだ。
※見分けるコツはあるようですが初心者には難易度:高

この名詞の性別を覚えるのが非常に難しく、
フランス語ってホント理不尽!!!
と、嘆いていたのですが
よくよく考えると日本語もそこそこ理不尽な気が。

特に数え方(助数詞)は
外国人にははかなり難しいとのこと。

【匹】:動物や虫や魚など
→でも【羽】や【頭】や【尾】もある

【枚】:薄くてペラペラしたモノ
→でも集まると【冊】になる

【本】:細くて長いモノ
→でも箸は【膳】になる

などなど、細分化しているので
私ももう「こういうモンだから仕方ない」
と、乱暴な教え方に。

こればっかりはなんとなく
小さい頃から培ってきたモノなので
上手く教えてあげることができず。

たぶん、フランス語の名詞の性別も
ネイティヴの人からすると
この感覚と似ているのではないかと。




ところで、英語の日付の数え方も
ちょっとしたトラップがあります。

基本的には【-th】をつければOKですが
【1】【2】【3】には要注意。
語尾が1なら【1st】2なら【2nd】3なら【3rd】
と、それぞれ変化します。

1日:1st、2日:2nd、3日:3rd、
4日:4th、5日:5th、6日:6th など。

が、しかし!
【11】【12】【13】は語尾が
【1】【2】【3】だけど【-th】を使います。
理由はあると思いますが、
私はそこは深追いしません!!!

日付以外にも【第◯番目の】と表すとにも
【st, nd, rd】と【th】に注意が必要です。

1周年:1st anniversary
5周年:5th anniversary

などなど。
日本語にも、【20】を【ハタチ】と呼んだり
数に関することって
特別なルールがあったりしますよね。

【結論】
どの言語も難しい!


↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!



イギリス人の元カレは
日本語を勉強していたのですが
英語での一人称【 I(アイ)】に対し
日本語の一人称はあまりにも多い。

それゆえ、何を使うべきか
(自分のキャラなども考慮し)
悩んでいました。 

私は【ワタシ】や【オレ】でも
なんでも構わないのですが、
元カレ的にはこだわりがあったようで。

最終的に行き着いたのが【オラ】
もう完全に、ドラゴンボールの影響です。




昨晩、関東地方全域で大きな地震がありました。
ドドドドっと下から突き上げるような、
非常に強い揺れでした。

併せて私のケータイの地震速報が発動し、
ポーキーは大パニックに陥り
壁をつたって天井まで大ジャンプ。

揺れだけならまだしも、
私のケータイの音で驚かせてしまい
申し訳なくなりました。

【scaredy cat】は
日本語にすると、ビビりや臆病者など。

冗談で使うのが前提ですが
物音などでビックリしたりすると
よく元カレから
「haha, scaredy cat!」などと言われ、
私は心の舌打ちが絶えませんでしたよ。



↑ 今朝のポーキー(まだ地震に警戒中)


↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!



あらゆる物事に対して便利と言われる日本。
そんな日本で不便に感じることは、と問うと
唯一この答えが返ってきました。

日本はたった2〜3日掃除しないだけで
すぐにホコリがたまる、と。
確かにアジアはチリやホコリが多い?気がする。

じつは、
それを物語るエピソードがありまして。

イギリスにある元カレの家のトイレに
初めて入った際に
壁にデッカいクモの巣があったんです。
でも、インテリアや家具には
ホコリがない!!!



クモの巣が張るくらいですから、
掃除はそんなにマメにしていないはずなんです。
それなのに、ホコリがない!!!

さらにはテレビやプレステなどの
ホコリがつきやすい家電にも
ホコリが、ない!!!

私はすぐに調べてみました。



しかし、私が求めている情報はなく
国によってホコリの量が違うかどうか
明確な答えを見つけることができませんでした。

その代わり、
私はあるひとつの確かな情報を入手した。


ダイソン、
ホコリのない国で
生まれる!!!

↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!