肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category【コラム】「事件は宿屋で起きている」

前回「第2章GB編」までのあらすじ:
スーファミを持たずとも、
ゲームボーイのおかげで
順風満帆なゲームライフを送っていた私。
1994年に、刺客が現れるまでは。





1994年、当時小学生だった私でも
すごいことが起こっていることに気がついた。



彗星の如く現れた、
それは本当に未知のモノだった。
当時、ネットなども今ほど普及しておらず
携帯もポケベルすらも流行る前、
ウワサで耳にした
プレイステーションという新しいゲーム機。

私は、ここがお年玉の使いどきだと
瞬時に悟った。

そして、プレイステーションという
時代を動かしたゲーム機と共に、
私が選んだ記念すべき最初のソフトはコレだ。



元祖逃げゲー「クロックタワー2」である。

私は、スーファミで発売されていた
「クロックタワー」という
ホラーゲームが大好きで
友達の家で遊ばせてもらっていた。

巨大なハサミを持った男から逃げるという
小学生にはバイオレンス感が強い作品であるが
3〜4歳で「道(TAO)」をプレイした私にとっては
ある程度、抗体ができていたのかもしれない。
※「道(TAO)」について詳細は→コチラ

その後、
「バイオハザード」や「サイレントヒル」など
シリーズで続く人気作品に出会うこととなる。



クリーチャーの可愛さで言えば、
「サイレントヒル」シリーズがピカイチ!
(プレイステーション2だけど)

そんな調子で
すっかりプレステに浮気をしまったが
任天堂は黙っていなかった。
2年後、任天堂の快進撃が始まる。

次回へつづく

「第1章ファミコン編」はコチラ
「第2章GB(ゲームボーイ)編」はコチラ


↑ いったん押してみよう! 

柳本マリエinstagramは→コチラ
柳本マリエTwitterは→コチラ
↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ
ランキング参戦中!

前回「第1章ファミコン編」のあらすじ:
みんながスーファミで花形の
マリオやドラクエで遊ぶ中、
ファミコンしか持っていなかった私は
「道(TAO)」や「ホステージ」といった
渋めのタイトルで幼少期を過ごす。

そこに現れた救世主(メシア)とは?



そう、初代ゲームボーイである。




ファミコンに続き、
ゲームボーイも譲り受けたモノだったが
ファミコンのときとは明らかに異なる点があった。

当時私は小学校にあがっていたため
お年玉というアイテムを
使用できるようになっていたのだ。

小〜中学校の9年間はお年玉がもらえたので
私はそのお年玉のすべてをゲームに費やしていた。

下記(中古だけど)お年玉で買ったソフト
「ゼルダの伝説 夢を見る島」
「カエルの為に鐘は鳴る」
「スーパーマリオランド2 6つの金貨」
「ポケモン緑」
「3丁目のタマ お化けパニック」
「美少女戦士セーラームーン」
「クレヨンしんちゃん」
「ちびまる子ちゃん」 などなど

「ゼルダの伝説 夢を見る島」は
初めて自分の力でクリアできたい出のゲーム。



店で泥棒すると店員から
一撃必殺のビームを食らいますが
その攻撃がラスボスよりもはるかに強い。

さらには、ヒロインであるマリンからも
ドロボーと呼ばれ精神的にもつらい。
万引きは、ダメ絶対!



ちなみに上記で挙げた購入ソフト
「カエルの為に鐘は鳴る」には
リチャード王子というキャラがいるのですが
「ゼルダの伝説 夢を見る島(DX)」に
ゲスト出演しています!

このあたりもさすが、
ビッグタイトルならではの遊び心?ですよね。
「道(TAO)」や「ホステージ」とは違います。

こうして私は、
スーファミを持っていなくとも
ゲームボーイのおかげで、
順風満帆なゲームライフを送っていた。

小学生の頃は毎朝4時に起きて
まずゲームボーイを2時間ほどプレイしてから
登校するというスタイルだったが
授業中は眠くなることはなかった。

なぜなら、謎解きを考えたり
ダンジョンのマップをノートに描いたりして
忙しかったからである。



しかし、
幸せというのはそう長くは続かない。
1994年新たな刺客が現れる。

そう、初代プレイステーションである。

次回へつづく


「第1章ファミコン編」は→コチラ

↑ いったん押してみよう!

柳本マリエinstagramは→コチラ
柳本マリエTwitterは→コチラ
↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ
ランキング参戦中!



先日、任天堂が最新ゲーム機「NX」を
2017年3月に発売することをアナウンスした。
※NXは開発コード名とのこと





こんにちは、柳本マリエです。

先に申し上げておきますが、
この【コラム】「事件は宿屋で起きている」
は、私が大好きなゲームや音楽について
ガチンコで語ってる風に見せかけて、
じつはそんなに大したことは言っていないので
あらかじめご了承ください。


さて、この度
任天堂の最新ゲーム機「NX」発表を受けて
私は、私とポーキーと任天堂の関係について
綴らせて頂こうと思いました。

この時点で「ポーキー」「任天堂」
という単語にピンときた方は
相当なニンテンダーかと。



まずは私、
柳本マリエと任天堂の関係について
歴史を振り返りながらお話ししましょう。



はい、もうこの時点で
マリオとルイージに対して多大なる
ブラザー感!
※スーパーマリオ "ブラザーズ" と
同じ日に生まれた "兄妹" をかけているぞ。
念のため言っておく、念のためだ。

天下の「スーパーマリオブラザーズ」と誕生日が同じ
というゲームの星の元に生まれた私は
幼稚園の頃に親戚からファミコンを譲り受ける。

ここから私のゲーム人生は始まった。

譲り受けたファミコンといくつかのソフトの中で
ダントツにインパクトがあったのは
「道(TAO)」だ。

これは、"究極の世紀末ロープレ"
というキャッチフレーズのもと
非常に宗教色が強い作品である。

セリフ回しやBGM、キャラクターなど
すべてにおいてトラウマ的な記憶しかない。

TAOトラウマポイント1
コマンドが漢字1字



↑ このイラスト、
かなり忠実に再現できました。

【言】:人と話す
【観】:人や物を見る
【闘】:敵と戦う
など、すべてのコマンドが漢字1字なのだ。

うん、読めない!
※当時まだ3〜4歳

ちなみに参考までに、
普通のコマンドはこんな感じ。



TAOトラウマポイント2
駅や線路があるにも関わらず、
移動手段が恐竜

TAOトラウマポイント3
武器が物騒(日本刀から兵器まで)

などなど、これ以外にも色々あり
3〜4歳児には刺激が強すぎる作品だ。
そしてこの「道(TAO)」のほかに、
メインで遊んでいたソフトが2つある。

「ホステージ」
テロリストが立てこもっている現場に
特殊部隊が乗り込んで人質を救うゲーム

「チャレンジャー」
軽快なBGMと共に、
とにかく電車の上で敵と戦うゲーム

と、3〜4歳児にしては
かなり渋めのラインナップであろう。
ちなみに「スーパーマリオブラザーズ」など
メジャーなゲームは一切なかった。

そして私が小学校にあがる頃になると、
ひとつの革命が起こったのだ。



1990年11月
スーパーファミコン(通称スーファミ)様の
ご登場である。

ファミコンに続き
爆発的大ヒットとなったスーファミ。
ほとんどの友達が持っていたが
ウチには、なかった。

そう、私にはスーファミの
「スーパーマリオカート」も
「スーパーマリオワールド」も
「ドラゴンクエスト」も
数々のレジェルドとの思い出は皆無に等しい。

みんなが花形のマリオやドラクエで遊ぶ中
私は「道(TAO)」や「ホステージ」など
渋めのタイトルで幼少期を過ごした。

しかしそんな私のことを
ゲームの神様は見捨てなかった。
小学校低学年で救世主(メシア)が現れるのだ。

次回へつづく


↑ いったん押してみよう! 怖くないよ!

柳本マリエinstagramは→コチラ
柳本マリエTwitterは→コチラ
↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ
ランキング参戦中!

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

ここでは、柳本マリエが
冒険ラジオからいったん離れ、
ゲームへの想いをガチンコで綴るコラム
「事件は宿屋で起きている」
をお届けします。

{F2AE0834-D4A4-4F1E-B768-1406AD609185:01}

あの頃、選択肢はたった2つだった。
赤か緑か。

この究極の選択肢に悩まされた10歳の冬。

昨日、2016年2月27日で
ポケモンは20周年を迎えた。

20年前、ケータイもポケベルも
インターネットすら
今ほど普及していなかったあの時代、
私は初代ポケモン(赤・緑)の発売を
近所のゲームショップのチラシで知る。

が、
当時10歳だった私はえらく衝撃を受けたのを
今でも覚えている。
なんと、ソフト(赤か緑か)によって
出現するモンスターが異なるというのだ。

しかし先ほど述べた通り
インターネットは今ほど普及しておらず、
「違いをネットで調べてから買おう」
という考えには、まず至らない。

口コミ(ウワサ)などで流れている
「赤と緑はとにかくなんか違うらしい」
という非常にふんわりとした情報の中、
赤か緑かの決断を強いられるのだ。

よって、
判断材料はもはやパッケージのイメージと
直感のみとなる。

{F7791C8E-7AB5-46F2-97DE-F15EB11B45A8:01}

赤のパッケージには
カッコいいドラゴン!(リザードンの意)

緑のパッケージには
よくわからないけど両生類?(フシギバナの意)

私が選んだ答えは、後者。
つまりよくわからない両生類がニラんでいる
緑のパッケージを選択したのだ。
(のちに緑は少数派だったことを知る
赤が売り切れてしぶしぶ緑を買うコもいた)

こうしてやっとの思いで手に入れた
「ポケットモンスター緑」

しかしこのあと、
さらなる衝撃が走る!!!!!

{2648DB6C-C4CD-411A-A40E-E348DA26B315:01}

開始早々オーキド博士は告げるのだ、
3匹の中から1匹を選べと。

この選択が今後の展開に関わる
とても大切な選択ということくらい
10歳の私でもすぐに理解した。

この選ぶ緊張感に
どれだけ我々は魅了されただろうか。

だがしかし、
ポケモンの革命はそこだけではない。
そう、通信ケーブルである。
ゲームボーイ同士をケーブルで繋ぐと、
なんと、ポケモンが交換できるのだ。

今でこそWi-Fiですぐに通信できてしまうが
当時はそんな便利なモノはなく、
わざわざケーブルを繋ぎ、通信する。

しかし、この “わざわざ” こそが
醍醐味なのではないかと。

わざわざ地道に経験値を稼ぎ、
わざわざたくさんのフィールドを開拓し、
わざわざ151匹のポケモンを集めた。
この、わざわざが多いほど
クリアしたときはひと際うれしいのだ。


あれから20年。
10歳だった私は30歳になり、
ポケセン(ポケモンのショップ)で
大人のチカラを発揮し、楽しんでいる。

{4D291B12-4287-47F7-9EC5-879CA5ED5209:01}

ただひとつ納得がいかないのは、
外国人と話しているときに
「モンスターボールがさ~」と言うと
「Naaaaaah, that's a POKE ball」
とドヤ顔で言われること。

いやいや、
モンスターボールですから!!!

{927519E4-0A92-415B-94DE-13C90FAED01B:01}
ローカライズがいき届いてる証拠