肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category【4コマ】「肩乗りネコと三十路の勇者」

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

今回はついにオリジナルキャラ登場!

{03881725-7AA9-4BBE-8363-3B46F647C373:01}

{5220391B-B86E-43B4-8A80-3C84A4670D58:01}

{794898B3-93EF-4305-A7AF-8C8EEF2BB814:01}

{4E8DC372-50E1-4A72-8748-6AF61D945C29:01}
秒で!!!

{AA197DF8-C9A1-4999-9FDF-729AC01AF802:01}

先日、隣で寝ているポーキーを見たら
酔っ払ったサラリーマンのような寝相で
スピスピ寝ておりました。

ネコは人間の2倍寝るとのこと。
眠り無効の魔法を早いとこ覚えないと。

それにしても…
仕事中だけ
眠くなるのは、なぜでしょうね。

午後イチ会議なんて、もはや拷問。
うつらうつらしながらメモを取るから
芸術的な一筆書きになっております。

不思議なのは、どんなに眠くても
定時を過ぎるとスッキリと目覚め、
なんだか体調まで良くなるんですよね。

そんなワケで、今はとっても元気です!

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。 

勇者は魔法のおさらいをすることにした。

{9855FCC8-D397-43E7-905F-CC4F77D026F9:01}

{728DBEE7-06F4-4926-AA8A-78138359E95E:01}

{B737581D-5F88-43DE-A97C-A92074A73F11:01}

{2E3AD56A-CE17-4A76-B59F-2A0BE7B9F1C1:01}
いつの間にかポーキーという魔法にかかってた


よく使ってた魔法(メテオとか)
は覚えてるけど、
けっこう忘れちゃってる部分もあるので
調べてみたんですね。

ご丁寧に魔法一覧ってのがあって
しかもその中に “ポーキー” という魔法があり
さっそく見てみたら…

ブタって出てきたので吹きました。
ちょっとコレ、
この魔法どうやって解くの?

{3D134086-06A0-4CB1-A9D0-D148CA06D0F2:01}

{48F8755F-E576-4715-B1DF-28BE9E497BB8:01}

↑おかまいなしに腕枕で寝るポーキー

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

初陣は惨敗したが、
なにやら勇者の様子がおかしい。

{4131B783-E0E0-48E1-A87A-145170BE6DBD:01}

{3B70F5A6-DD80-4547-81D0-3B99B21EDDD6:01}

{DC692687-03A5-446A-8647-6CAB3B3B002D:01}

{D46B1AC1-37B6-463D-8EB8-5800BAFBC6A6:01}
勇者の減ったダメージは自動的にポーキーに吸収される


肩乗りネコ
というのは設定上の話ではなく、実際の話。

{31C8485B-5369-44E1-82FC-0868779FFDCD:01}

子猫のときは、
こ~んなに↑小さかったのに
今では貫禄あり(本日↓起床直後の様子)

{A59730D0-3F40-4C66-8DF5-75B2A4FA70C4:01}

基本的に私の肩の上が定位置。
立っていてもワンジャンプで乗ってきます。

{909723C3-F06B-498E-9A68-20C567A9E114:01}

わざわざ私の肩を経由して
高台へと登ったり。

わざわざ私の肩の上に乗ってから
毛づくろいしたり。

だけどうしろ足の爪って、
降りるときけっこう食い込むの。

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

迷走しながらも進んでいたら、
ついに敵が現れた。さぁどうする!?

{18131856-4CB0-42AB-8E5C-8BB8F5B98856:01}

{525A4C08-BC6B-46FF-89AF-FE2C3CD6B075:01}

{5CED56DC-7635-4FE3-B091-4F441FF900C8:01}

{CC2FF98D-9CB5-4AD1-B080-F02EFD98862F:01}
命拾いするカシャぶん


ネコって近眼なんですよね。
視力は0.3程度だそうです。

静止中のカシャぶんにロックオン後、
おしりをフリフリさせながら
狙いを定めて飛びつくも、
思いっきりカシャぶんを飛び越えて
見失ってました。

「アレ?」みたいな顔をして
キョロキョロ探していましたが…
えぇ、飛び越えております。

{68532E9A-7753-409E-BC9D-994519423588:01}

{9A9C7C48-C8F2-47AF-AE90-CCBB84BF913D:01}

↑コレがカシャぶん

私が買ったぶら下げタイプのカシャぶんは
購入2日目から手動で遊ぶことに。
ゴム部分は3回ほど切れてしまい、固結び。

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。


{4EE1A6DF-7E8A-495D-927A-3B9E379AE0ED:01}

{CD3CF6AF-4981-488A-8C3D-2DCCD291741F:01}

{EF36F01D-4187-4202-9100-06D8C73A6FA2:01}

{DF47F2F0-83C2-475D-AF05-134AD28F8B0A:01}
ポーキーに、案内する気はない


勇者はさっそく迷っていた。
このマンガの方向性について、だ。

それなのに目が合うと
チラチラとこちらを見ながら
キッチンへと誘導してくるポーキー。
その顔が憎たらかわいい。

キッチンには、
カリカリやおやつがあることを
知っているんです。

{C0C57929-6DC3-4103-8270-DEC3BAC38593:01}

マンガの方向性については、
ネコあるあるに
RPGのファンタジー要素を加え
ポイントでお色気シーン
(由美かおる / しずかちゃん的な)
を入れれば、だいたいのニーズに
応えられるのではないかと。

にほんブログ村 猫ブログへ