肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category「肩乗りネコと三十路の勇者」



おはようございます、柳本マリエです。

前回の記事にも書きましたが、私はホラー映画やゲームが大好きです。しかし、こわいものはこわい!見終わったあとは風呂もトイレもこわい。
そんなときに即効性のある恐怖心撃退法が…

エロ!!!
恐怖は、エロに勝てません。こわくなったらエロいことを考えるのです!

ちなみに私は、体調が悪くて吐き気をもよおしたときもこの方法が効果的でした。もしかしたら、眠気覚ましなどにも効果があるかもしれませんね。とにかくエロは万能なんです。

ぜひ試してみてください!







おはようございます、柳本マリエです。

私は映画の中ではホラーが1番好きなジャンルなので、昔から映画館でも自宅でもひとりでガンガン見ます。
しかしホラー映画好き=こわさに強いというワケではなく、普通にこわい。鑑賞後は風呂もトイレもこわい!

そんなときに限って猫のポーキーがいきなり高所から飛び降りてきたり、携帯が鳴ったりるんですよ。

都度ビビる!!!
でもやっぱりホラーが好き。






おはようございます、柳本マリエです。

30代になってからメンタルが強化されて豆腐 → ハガネにグレードアップしたので落ち込んだりすることはめったにないのですが、1年に1回くらい弱気になることもあります。

そんなときオススメなのが、脇をしめてステップを踏むこと!これをやると大抵のことは笑えますよ。「ハッ、私なにやってるんだろう」って。

今でこそこんなパッパラパーな性格ですが、20代の頃(特に後半)は悩みもあったんです。それが30代になったら急に現実が見えたのか、自分にできること・できないことの力量が明確になって無理をしなくなりましたね。

そう、つまり…
ダイエットは、できません(オイ!)





こんにちは、柳本マリエです。
今期まだお気に入りのニット帽に出会えていないので、プラッと原宿に行ってみました〜!(オールドレンズの試し撮りも兼ねて)

サラリーマン時代は得意先が竹下通りに点在していたのでよく行っていたのですが、少し行かないとすぐ変わりますね!知らないお店がたくさんできてましたよ。

《インスタ映え》という言葉がありましたが、竹下通りもめっきりインスタ仕様になっていて驚き!中でも目を引いたのがこのレインボーなわたあめです。
("わたあめ"って呼んでいいのか?)



な、なんじゃこりゃあ!!!
形がアレじゃん!(察して…!)

どうやら、TOTTI CANDY FACTORYというお店のわたあ…コットンキャンディです。



連休最終日ということもあり激混みの竹下通り。位置を高くして持たないと大惨事になります。



遠目から見たら何かと思いますよね。さすが原宿。いつの時代も原宿はポップでカラフル。



私はけっこう好きですよ、原宿のこういうところ。







こんにちは、柳本マリエです。
日本人(?)の得意技である《ひとつ残し》手前のふたつ残し。

親しい家族や友人の前ならまだしも、仕事関係だったり慣れない場所で最後のひとつ(およびふたつ)には手をつけにくい状況ってありますよね。

私はシェア下手で、例えば友達同士でも「こっちもちょっと食べてみる?」みたいに気の利いたことが言えないタイプ。相手から言われたら「じゃあ私のもどう!?」と、やっと言えます。

↑上記のシェア問題については賛否両論あると思うのですが、私は(自分がうまくできないから)ナチュラルに食べ物をシェアしてくれる人に憧れてしまいます。

今回は仕事の打ち合わせで先方からいただいたお茶菓子をむさぼり食べていたときのエピソードですが、これは日常にも応用できると思いました。
居酒屋で軟骨唐揚げがふたつ残ったときとか「どっちがいい?」って聞くだけで手をつけやすくなりますよね!?(みんな普通にやってる?)

気の利いたことが言える立派な大人になりたいです。