肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category「肩乗りネコと三十路の勇者」




おはようございます、柳本マリエンヌです。

本日は25日なので、
給料日の方も多いのではないでしょうか。

私の勤める会社は、 
6ヶ月分が一気に振り込まれるシステムですが
額面だけ見るといつもより増えてるので
気持ちが大きくなりがちです。

気をつけましょう。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)





     



いつもお世話になっております、
柳本マリエです。 

私の中でボードゲームといえば
「人生ゲーム」や「オセロ」などが思い浮かび、
子供の頃ちょいちょいやったなぁ
くらいの感覚なのですが、
外国では今でもボードゲームは現役!

イギリス(たぶんアメリカやカナダも)は
街中にボードゲーム専門店があるほどで、
プレステやXboxに並ぶくらいの人気です。

そんなワケで、
外国人のボードゲームへ対する熱量がすごい!
専用のノートを作り、そこには細かく
戦略やプレイ結果が書き込まれています。

彼らの中でボードゲームは、
みんなでワイワイ楽しむというよりも、
ガチンコ勝負!!!(しかも毎週)

多種多様なジャンルのボードゲームが存在し、
私がやっていたボードゲームとは
だいぶ勝手が違うようでビックリ。

私もゲーム(いわゆるビデオゲーム)が好きなので
1日中ゲームをすることはよくありますが、
ボードゲームはまだヒヨっ子です。

ちなみに日本でも、
新宿の地下に輸入ボードゲーム専門店があり、
連れて行かれたことがあります。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






いつもお世話になっております、
柳本マリエでありんす。 

前回の記事に引き続き、
メキシコでリゾートウェディングと
ハネムーンをしてきた友人のエピソードですが、
メキシコの遺跡(マヤ文明)には
生け贄がとにかく多い!

色んな写真を見せてもらいましたが、
だいたいが生け贄にまつわる写真でした。

どうやら古代の人たちの間で、
球技に勝ったら生け贄になるという
恐ろしい風習があったそうな。

負けたほうではなく勝ったほうが、だ!
(うろ覚えなので間違ってたらメンゴ!)

 ※画像はイメージです

ところで生け贄の「贄」って字、
めちゃムズ!!!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






お世話になっております、柳本マリエです。 

昨日は長年の友人と久しぶりに会って、
先日挙げたばかりのリゾートウェディング写真を
見せてもらいました。

透き通る海に白いドレスが映える映える!

ただ、友人いわく、
乾燥したワカメがドレスにくっつく
とのこと!!!!!

確かにちょいちょいワカメがくっついてて、
感動的な写真とのギャップが面白かったです。

(ワカメ写真を含めて)
たくさん写真を見せてもらったのですが
友人が幸せそうなのはモチロンのこと、
旦那さま側のお母さんと妹が号泣している姿に
胸が熱くなりました。

改めて、結婚おめでとう!!!


次回も友人から聞いた海外ネタ4コマつづきます。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






お世話になっております、柳本マリエです。 

ポーキーは目が合うと真顔で飛んでくるのですが
だいたいいつも寸止めで「わぁ驚いた(棒読み)」
みたいな顔をしてきます。

ガチで走ってくるからこっちはちょっと怖いけど
クラッシュしたことは今のところありません。





↑ これは、OF THE YEAR 2016のトロフィーを
セルフタイマーで撮ろうとしたら、
ちょうどポーキーが入り込んでくるという茶番。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)