肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

Category「肩乗りネコと三十路の勇者」



今の時期、ライダースをこう…肩にふわっと羽織ってる人っているじゃないですか!カッコいいですよねセレブみたいで。

でもさ…

落ちるでしょう?
ぜったい落ちますよね!?

ニットのカーディガンとかならまだわかるんだ。素材の都合上、滑りにくいから。でもさ、ライダースの裏地ってだいたいツルツルしてますがな!落ちるがな!それなのに、どうやって維持してるのよ!?

ファッションとは、忍耐と不思議…






これぞ、ガールズトークの極み!

昨日、電車が遅延していて車内が混んでいたために、うしろに立っていたマダムたちの会話が耳に入ってきたんですよ。

でもどう考えても噛み合っていない。モニターに映った口紅の話題に対して風邪の話題で切り返す。それはまるで、アンジャッシュのコントのように。

しかしながら双方とても楽しそうでした!ガールズトークって、はたから見たらこんな感じなんですかね。女性の話はコロコロ変わるといいますが、私も自覚がないだけで、友だちと話しているときはこんな感じかもしれません。







「ボンファイヤーナイト」については1年前のハロウィン記事に詳細が書いてありますので、ご興味ある方はコチラからどうぞ↓

地域によっても違うかもしれませんが、私の周りのイギリス人はハロウィン派よりもボンファイヤー派のほうが多数派だったと記憶してます。

20代の頃はよく仮装をしてハロウィンイベントに参加してまして、『ウォーキングデッド』シーズン1に出てくる最初の女の子の仮装なんかもしました(たぶん2011年)
そのときのゾンビ顔写真を発掘【閲覧注意】



血のり以外は全部アイシャドウです。顔や首ばかりに注意がいって、手のメイクを忘れていたことが唯一の後悔。ゾンビメイクするときは意外と忘れがちになるので気をつけて!

これを最後にもうコスプレする機会ははないな〜って思っていたのですが、思い返せば去年ガッツリやってましたよね!


(Photo by itchaman

コスプレというより正装かな。今年もやるよ(やるよ!)

それでは皆さんッ…せーのッ…
トリック オア トリートゥ!

ーーーーーーー MORE ーーーーーーー

▼サブブログ「三十路のエモあがき」10/29更新 NEW!




いや別にいいけど…
少しはこっちを気にしてくれよ!

無関心すぎない?ちょっとくらい反応してくれてもよくない?なんか私だけ一方通行じゃない?

ちなみにコレ、寝てるときにやってもまったく同じ反応(無関心反応)されます。いや別にいいけど…

別に…いい…けど………


出てますよ、舌!







確かに寝る前に「そろそろ猫トイレの掃除しないとな」って思ってたけども。夢くらい夢っぽいことさせてくれや〜!

このあと起きて掃除したよ。2度手間感ハンパないよ。


「ヒロシです」の角度に完全一致のポキ