バニラ暦になってから早3年。

子供からお年寄りまで 
絶大な支持を集めたバニラアイスは、
王として君臨し、政権は彼に委ねられていた。

  



しかし、
チョコレートアイスやストロベリーアイスの 
女性・子供からの支持も無視できる数ではなく
バニラは彼らを側近として泳がせた。





国民は1日1回以上
バニラアイスを食べることが義務付けられ
それを守れないものは容赦なく囚われた。

さらには、バニラアイス以外
(チョコとストロベリー除く)を食べた者も
同じようにバニラの命令で次々に捕まっていった。

そんな身勝手な行いは国民の反感を買い
反バニラ組織が水面下で拡大化していた。

彼らはスラム街にある酒場、
「セブンスヘブンリー」に夜な夜な集まり
「アバランチッチ」という反バニラ組織として
ひっそりと活動していた。



ここでは、
他国から集めた好きなアイスを食べたり
みんな自由に過ごしていた。

しかし、バニラ・チョコ・ストロベリー以外の
禁止されたフレーバーを入手するには危険が伴い
帰らぬ者もいた。

 







チョコミント味の
歯磨き粉を!!!



私はついに、
チョコミント味の歯磨き粉を入手したのだ。

次回へつづく

チョコミンター・マリエ記事

↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!