前回「第2章GB編」までのあらすじ:
スーファミを持たずとも、
ゲームボーイのおかげで
順風満帆なゲームライフを送っていた私。
1994年に、刺客が現れるまでは。





1994年、当時小学生だった私でも
すごいことが起こっていることに気がついた。



彗星の如く現れた、
それは本当に未知のモノだった。
当時、ネットなども今ほど普及しておらず
携帯もポケベルすらも流行る前、
ウワサで耳にした
プレイステーションという新しいゲーム機。

私は、ここがお年玉の使いどきだと
瞬時に悟った。

そして、プレイステーションという
時代を動かしたゲーム機と共に、
私が選んだ記念すべき最初のソフトはコレだ。



元祖逃げゲー「クロックタワー2」である。

私は、スーファミで発売されていた
「クロックタワー」という
ホラーゲームが大好きで
友達の家で遊ばせてもらっていた。

巨大なハサミを持った男から逃げるという
小学生にはバイオレンス感が強い作品であるが
3〜4歳で「道(TAO)」をプレイした私にとっては
ある程度、抗体ができていたのかもしれない。
※「道(TAO)」について詳細は→コチラ

その後、
「バイオハザード」や「サイレントヒル」など
シリーズで続く人気作品に出会うこととなる。



クリーチャーの可愛さで言えば、
「サイレントヒル」シリーズがピカイチ!
(プレイステーション2だけど)

そんな調子で
すっかりプレステに浮気をしまったが
任天堂は黙っていなかった。
2年後、任天堂の快進撃が始まる。

次回へつづく

「第1章ファミコン編」はコチラ
「第2章GB(ゲームボーイ)編」はコチラ


↑ いったん押してみよう! 

柳本マリエinstagramは→コチラ
柳本マリエTwitterは→コチラ
↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ
ランキング参戦中!