と、毎晩手をつなぎながら思う。