ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

ダメージを受けたので(特にポーキーが)
宿屋で休むことにした。

{D6D8FD27-D42B-44D9-9328-16152C8910CC:01}

{14FBD3EB-CAAC-424F-8280-3EE7A00D76DA:01}

{9B74DE2B-8C99-4C4D-9C6B-DDF82D161804:01}

{0D7D6505-9C57-4430-8E2C-C2C2E37CD576:01}
ネコの警戒心


今でこそ新しいアイテムには飛びついて
噛む・斬る・蹴る と、
受け入れの儀式をしてくれますが
子ネコのときはなぜか
ベッドへの警戒心がすごかった。

なるべく触れないように
手足を交互に浮かせるんですよ。

人間用のベッドには
問題なくピョコピョコ乗るのですが
自分用のベッドにはなぜか警戒。
(たぶん飼い主のニオイがないから)

{66F6500A-B58A-4FD2-BF7F-95503EF6C3FD:01}

私もポーキーのニオイがないと眠れないよ。

先週末が異常にあったかくて(東京25°C)
この冬、初めてポーキーが
私のベッドに入ってきてくれませんでした。

ショックで落ち込んでたんですが、
昨晩はずっと首元で寝てくれてひと安心。

{46BB0BE9-4508-4BEC-B789-7A640C80C47A:01}

春は待ち遠しいけど、
やっぱりあったかくなると
添い寝してくれなくなるのかな~?

にほんブログ村 猫ブログへ