ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

…だけどインドアの勇者は
なかなかダンジョンには出ないので、
本日はポーキーのイタズラについて。

{5ECF1E33-A312-4CAE-9DD3-6E8AD6BA3D1D:01}

{7B778C8A-C328-441D-83FB-9E27F8E5DD25:01}

{205D4FD0-0D9B-4DE4-A439-6B0303597773:01}

{0701E420-714F-49BB-BF98-17941EA9FA68:01}
ぶってません


トイレでイタズラしようとしていたところ
直前に発見されて急いで逃げるポーキー。

そのとき私の指先が
ポーキーの足に軽く触れる。

するとどうでしょう!
あたかも私が押し倒したかのように
サッカー選手並みの大げさなコケを披露。
 
{3377FE5B-2487-4E1B-A726-740E69610DBA:01}

この大げさな行為、
自分のイタズラをもみ消すためです。

思わずポーキーに向かって言いましたからね
「いやいや、それはない!!!」って。

{F9E98EC9-A8F7-430D-A4DA-DDBF6FD8BC27:01}

ポーキーは、
スキル【しらばっくれ】【もみ消し】
を覚えた。

にほんブログ村 猫ブログへ