こんばんは。最近やっと涼しくなってきましたが、暑がりなのでまだ毎日汗だくです(脂肪)。

さて、本日紹介する映画は『女の穴』

宇宙人の女子高生が地球人との子どもを作るために「性交」する、というぶっ飛び設定に反して中身はけっこうシリアスです。

うまくいかない三角関係の描き方が好き。
同じ監督が撮っている『好きでもないくせに』という映画の三角関係もめちゃめちゃよかったので、ご興味あればぜひ。

キュンキュンしたり胸が苦しくてなることはないけど、どうしようもなさが共感できます。