イギリス人彼氏が感じる日本の不便なところは「すぐにホコリがたまること」だそうで、今回はその延長線上の話になります。 

IMG_1924
FullSizeRender


イギリスや欧米の割引は、1個分の価格で2個手に入る「2 for 1」や、1個買えばもう1個ついてくる「Buy 1 Get 1 Free」という足していくスタイルが目立ちます。

対して日本の割引は、「3割引」や「半額」など、ひとつの商品の単価から引いていくスタイルが多く見受けられる気がします(日持ちしないナマモノを多く取り扱っているからかな?)

「2 for 1」も「Buy 1 Get 1 Free」も1個分の価格で2個手に入るため、1個あたりの価格は半額。
つまり50%OFFなのですが「半額」との違いは、レジで支払う金額と結果的にお店から2個在庫が減るため販売者側の都合がいいそうな。

例えば【1個200円のリンゴ】だったら…
「2 for 1」および「Buy 1 Get 1 Free」の場合は、1個分の価格(200円)で2個のリンゴが手に入ります。つまり1個あたり100円。
一方「半額」の場合は、100円(50%OFF)で1個のリンゴが買えます。

前者は200円で2個、
後者は100円で1個手に入る

正直なところ私は2個もいらないから1個を半額にしてほしい、と思ってしまうかも。

しかしながらイギリス人彼氏は「2 for 1」や「Buy 1 Get 1 Free」に慣れているので、日本のスーパーでちょっと不自由を感じていたとのこと。

「2 for 1」「Buy 1 Get 1 Free」以外にも、1個分の価格で3個手に入る「3 for 1」や1個買うと2個目が安くなる「Buy 1 Get the 2nd Half price」など、ほかにも色んな割引システムがあります。

もちろん日本にもありますが、イギリスはあらゆる商品(もしくはサービス)がこのシステムである場合が多い気がする…

皆さんは、「半額」と「2 for 1」どっちのほうが好きですか?(いきなりの問いかけ)