イギリス人彼氏と買い物へ行くと必ずと言っていいほどお互いの理想像が分かれるので、それぞれの視点からそれぞれの気持ちを描いてみました。

IMG_0407
IMG_0415


ない物ねだりとは、まさにこのこと。

言われてみればサルエルパンツのようにデザイン性に特化したパンツを彼氏が履くと、確かにちょっと「つんつるてん」な感じはしました。
私はそれを似合わないとは思わないですが、彼氏的にはしっくりこないみたいです。

サングラスについても、彫りが深く目鼻立ちがくっきりしていると「存在感 × 存在感」になってしまって、太いフレームのものは似合わないとのこと。
さらに、顔が小さすぎて(横幅が足りなくて)そもそもバランスが悪いと主張します。

反対に、顔が平らで横幅が広く丸い輪郭は比較的どんなサングラスも合うらしい(彼氏調べ)

FullSizeRender

彼氏が私を平らな顔呼ばわりするのは、悪口ではないんです。私が彫りの深い顔に憧れるように、彼氏もまた平らな顔に憧れを抱く部分があるようで。

もちろん個人の趣味嗜好の問題ですが、まさか彫りの深さがコンプレックスになっていたとは思いませんでした。私はやっぱり欧米人の顔立ちやスタイルの良さをうらやましいって思っちゃいますけどね。

特に試着のときはお互いの理想像の違いが露骨に出るので面白いです。双方同時に満足することはなかったかもしれない…