IMG_8300


泣きすぎて粘膜がバカになってるところに、一気に花粉が入り込んで容量を超えてしまったのではないか、と私は思っています。

この仮説はどうであれ、私は19歳の春に花粉症デビュー。泣きっ面にハチならぬ泣きっ面に花粉です。こんな出会いなんていらない!!!

あのときのご婦人は、私が花粉症ではないことを知っていた上でティッシュをくれた気がするんです。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ