前回のつづき
LINE本社にて行われたライブドアブログ勉強会レポ

IMG_7793
涙をこらえるくららたん


勉強会では、ブロガーさんがネット上で体験した話を掘り下げてお話ししてくださいました。

HOME by REFRESHERS」阪口ゆうこさんは明るいキャラクターゆえに笑い話として話してくださいましたが、過去を振り返って(しかも大勢の人前で)話すことはとても勇気のいることだったかと思います。

想像を超える恐怖エピソードに、私は息を飲みながら聞いていました。そのときの私の様子を、ゆうこさんご本人の記事にもちょこっと書いてくださってます。貴重なお話、本当にありがとうございましたッ!


moroの家族と、ハンドメイドと。」moroちゃんの話は、何度聞いても胸が苦しくなります。人柄の良いmoroちゃんだからこそ、よけいに。

moroちゃんのスゴいところは人が見ていないところで誰よりも努力を重ねているところなんですよね。

と、いうのも1コマ目の私とみーすけの話。
私はドラマや映画が好きで、作業中も見てしまうんですよ。作業BGMとして流していたドラマなのに、ペンを持ったままついつい2時間見てしまう!みたいな。

それをmoroちゃんにそれを尋ねてみたところ…
ドラマや映画を作業中に流すことはあってもペンを持ったまま見入ってしまうことはない、と。

みーすけ氏の仮説「時空的な問題」が音を立てて崩れた瞬間であるー

私がドラマを見ている間にmoroちゃんは、工夫と努力を重ねて家事も作業もこなしているという結論に至りました。みんな同じ時空を生きています。

ちなみにこのあともmoroちゃんの日頃の行いを聞いて、驚きのあまり壁に後頭部を強打しましたからね。現代の聖徳太子、それがmoroちゃん。


そしてそして!
6月に新版『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を出したばかりで、8月には新作小説、11月に『母僕』映画公開を控える歌川たいじさん。
この日は(この日も)歌さんに、とってもお世話になりました!

さかのぼること数日前…

IMG_7792

優しすぎませんか!!

『デンデラ』という映画がhuluにもNetflixにもなくて諦めていたところに歌さんから「持ってるから送ろうか?」と連絡が!
たまたまイベントの数日前だったので、当日に手渡しで貸してもらいましたイェーイ☆

新版『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に直筆サインもいただいたよ。

FullSizeRender
FullSizeRender

『母僕』は涙なしには読めなくて、少しずつ少しずつ読みました。11月の映画公開が本当に楽しみです。


長くなってしまいましたが…
勉強会イベントはマジであっという間でした!
すべてのブロガーさんと十分に話せなかったのが心残り。次回またお会いしたときはどうぞよろしくお願いします!






にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ