IMG_7500

「英語を習いたい」と、一口に言ってもどこをどのように強化したいかによってスクール選びは変わってくるかと思います。

私の場合は、日本人の(なるべく留学経験がない)先生がいるスクールにこだわって選びました。

当時、私は10代とはいえ高校卒業後。
言語形成期は過ぎていて、体で英語を覚えることは難しいと考えました。

文法ひとつにしても「これはこういうものだから(あまり理屈は考えないで)そのまま覚えて」というような形では疑問が残り、先に進みにくい。

私が英語を理解できない原因はそこにあると思いました。つまり、自分の中で納得さえできれば習得できる。

そうなると、外国人の先生や留学経験を経て体で英語を覚えた先生には私がどこでどういう疑問を持つのか理解しづらいのではないか…

例えば日本語の擬音
IMG_7499
私たち日本人は体で覚えてしまっているので直感的に出てきますが、外国人にとっては少しハードルが高いはず。それでもひとつひとつ説明すれば、理解してもらえるかと思います。

ただこのとき、説明を聞いた側は必ず自分の中で落としどころがあるはずなんです。
その落としどころを共有できれば習得の近道になるのではないか…

そう思って、私の場合は日本人の(なるべく留学経験がない)先生がいるスクールにこだわって選びました。

リスニング力や瞬発力を必要とする会話力を強化したいのであれば、そこはやっぱり外国人の先生や留学経験を経て流暢に話せる先生のほうが良いかと思います。

【結論】スクール選びのコツ
スクール選びはまず自分の目的を認識することが大切で、そこさえハッキリしていればどのスクールを選んでも失敗は減る