皆さま『犬神家の一族』はご存知でしょうか。
とても有名な小説のため、これまでに何度も映画化やドラマ化をしているので見たことがある人のほうが大多数ですかね?

ストーリーをひと言で表すと…
遺産相続争いです。
(金田一耕助が出てくるやつ)

私はどういうワケか今までまったく見たことがなく、ストーリーすら知らないまま32年間過ごしてきました。
しかしながら先日なんとなく気になってhuluで視聴してみたところ、めちゃめちゃ面白いではありませんか!

ということで、本日は初見での『犬神家の一族』(1976年版)ツッコミどころ3選をご紹介します。

IMG_5503

まず、主要キャラの佐清(スケキヨ)、佐智(スケトモ)、佐武(スケタケ)の名前が似すぎていてまったく入ってきません。

これは、私が大好きな漫画『男子高校生の日常』の主要キャラであるタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの名前をいつまでも覚えられない現象と似ています。

次に引っかかったのは犬神家の雇人猿蔵
珠世の護衛としてずっと珠世を見守っているにも関わらず、大事なときはいつも不在!
事が終わってから来るんですよ。そりゃあ珠世も疲労困憊ですわ。

最後に1番驚いたのは、金田一耕助の推理が思ったよりも地味だったこと。すごいナチュラルに解いていくので、いつの間にか終わっていました。

ほら、推理モノってよく決めゼリフとかあるじゃないですか。「じっちゃんの名にかけて!」とか「犯人は、お前だ!」とか。
そういうのは特になく、サラサラ〜って推理しちゃうんですよね。

【全体感想】
なんかちょっと
複雑な家族!!!

いろいろ言いたいことはありますが、『犬神家の一族』はとても面白い映画でした。私のようにまだ見たことないって人はぜひ見てみてくださーい!




ところでまたまた「シネマハンドブック2018」を買ったという報告をいただきました!



中国でブルジョワ華人の妻してます」ちゃんこちゃん、「デブでオタクで独身だけど猫がいる!」ヘビちゃん、ありがとううううう!


ランキング参加中