こんにちは、柳本マリエです!
私は一眼レフカメラで写真を撮ると「もう撮ったの!?」と、周りに驚かれることが多々あります。その素早さ、ガンマンのごとく(自分で言う)

理由はただひとつ
ズボラだから

IMG_4300

愛用のカメラはCanon EOS kiss X7
友だちのitchaman邸で試し撮りをさせてもらってすぐ、2016年9月に購入しました。

撮りたい瞬間を、
一眼レフクオリティで綺麗に撮りたい

この目的に対して結果が伴っているため満足度が高く、現在もなお私の中で買ってよかった物BEST1に輝き続けております。
しかしながら、同じようなスペックを備えているカメラを持っていても満足度が低いと感じている人もいるようで。

その理由のひとつとして考えられるのは、「撮りたい瞬間を逃してしまっている」からなのではないでしょうか。つまり、撮るまでの時間を短縮すれば満足度が上がるのでは?

そこで本日は私が実践している撮影時短テク3点(ズボラ)をご紹介します。

時短テク1:

持ち歩くときはケースのチャックを閉めない

IMG_4299

だって(撮るとき)また開けるやん。
いちいち開け閉めしてたら撮りたい瞬間を逃しちゃう。

時短テク2:

レンズキャップもしない

IMG_4296

だって(撮るとき)また外すやん。
いちいち外してたら撮りたい瞬間を逃しちゃう。

時短テク3:

なんならもう(カメラを)裸のままバッグに入れる


例えば観光地などで頻繁にカメラの出番があるときはもうケースにも入れずレンズキャップも外したまま裸の状態でカメラをバッグに入れています。
ちなみにストラップ関係も何もつけていません。

ネックストラップをつけて首から下げるスタイルは、私にとっては身動きが取りにくく煩わしく感じるためやらないです。
チャックの開け閉めもキャップの取り外しもどれもこれも煩わしいことばかり!

この煩わしいことをすべて排除することで、ストレスなく写真を撮ることができるのです。
バッグに手を突っ込んで取り出す瞬間に電源を入れ、構えたときにはもう撮影可能な状態。ここまですべて右手だけで完結します。

もちろん、カメラは傷はつくかもしれません。
しかし私がカメラを買った目的は傷をつけずに使用するためではなく、撮りたい瞬間を一眼レフクオリティで綺麗に撮りたいからです。

万が一ボロボロになったらまた買えばいい。それだけ使い込んだなら、カメラも成仏できるのではないでしょうか。


一眼レフを買ったけどイマイチ面倒くさい、と思っている人はぜひズボラになってみてください!

IMG_4301

自宅でも常にカメラケースのチャックは半開きです。



ランキング参加中