IMG_4186

ポーキーの唯一の弱点は湿気による外耳炎。
耳の中に湿気がこもると菌が繁殖してしまうそうです。

特に子猫の頃はまだ身体自体が小さく、複雑に入り組んだ耳をそうじをするのは物理的に困難で(そもそも綿棒が耳に入らない)一時期は通院していました。
病院で生理食塩水を使って洗浄してもらい、自宅では綿棒が届く範囲(ほぼ届かないけど)で耳あかを取り除きます。

FullSizeRender
↑当時のポーキー 

そういった状況下のもと約2年ほどの月日が流れ…
耳そうじをするとおやつを5粒もらえる & めちゃめちゃ褒められるということを学習したようで、昨年あたりから「お耳」という単語を聞くと喜びの奇声とともに自ら耳を向けてくれるまでになりました。

おかげでここ1年近く外耳炎になっておりません!
耳そうじをイヤがることもなくなったので短時間で終わるようになったし、本当に助かります。

このまま元気に健康でいておくれ!


ランキング参加中