こんにちは、柳本マリエです。
10日間放置すればいいだけのクリスタルを8月に私の不注意で全滅させてしまったのですが、Seenaさんスポンサーで再度クリスタルを購入し、この度ようやく皆さまに完成形をお見せするときがやってまいりました。

0〜5日まではコチラの記事をお読みくださいませ。クリスタル再チャレンジ育成日記はSeenaさんの提供でお送りいたします。

【6日目】



かなりしっかりしてきました。水さえ足さなければ全滅したりすることはなさそう。

【7日目】



土台からはみ出すまでに成長。感慨深い。前回はここで水を足してしまったがために全滅しました

【8日目】



せっかくなので太陽光が降り注ぐ窓際で撮ってみました。が、撮影後「直射日光に当てたことで全滅してしまったらどうしよう」という一抹の不安が頭をよぎる。

【9日目】



直射日光で全滅することはなかった。ふふっ、少し疑心暗鬼になっていたようだ。クリスタルは今も輝き続けている。

そしてついに…

【10日目】


朝、目が覚めると朝ごはんを待つポーキーの姿があった。何も変わらない、いつもの朝である。ただひとつだけ違うのは、再チャレンジを始めて10日目の朝ということ。つまり、ついにクリスタルを取り出す瞬間がやってきたのだ。



緊張で表情がこわばる。柳本マリエの手は少し震えていた。

「(一気に、一気に行くわ…)」

「ドバッ…!!!」



シンクがオレンジ色に染まりすっかり液体がなくなった容器には、ころんとしたクリスタルだけが残っていた。



「(これが…クリス…タル…)」

初めて見るその姿に目を丸くする。表面はつるつるとした質感で、朝の光を反射していた。

「取り出さなきゃ…!」

柳本マリエは強い意志も持ち、ついにクリスタルに手を伸ばす。

「ベトッ………」
「きゃあ!」

思いのほかクリスタルがベタついたため思わずシンクに戻り水で洗い流そうとしたが、思いとどまった。

「(水は、ヤバい気がする)」

本能的にそう感じ取った柳本マリエはそのままクリスタルを台座に乗せた。



「ついに私…やったのね…」

ぼそっとつぶやいた柳本マリエの頬をひと筋の涙がつたっていた。そして、その涙と目の前のクリスタルが突然共鳴し、まばゆい光を放ち始めた。

「な、なに…?」

強い光で目が開けられない。

次の瞬間、クリスタルが分裂し7方向へ散っていくのをかろうじて見ることができた。これがのちの『聖剣伝説2』である。













※ウソですよ!!!!!
(本件と『聖剣伝説2』は無関係です)

ご提供いただいたSeenaさま、およびクリスタルの成長に長らくお付き合いくださいました読者の皆さま、ご覧の通りクリスタルは無事に取り出さことができました。
改めてお礼申しあげます。