17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

2018年12月

イギリス人彼氏と日本のスーパーで買い物中に「蛍の光」が流れてきました。私たちの感覚では閉店前のBGMとしてお馴染みですよね。 しかしこれは元々スコットランド(イギリス)の民謡で「Auld Lang Syne」という世界的に有名な曲とのこと。えっ…「蛍の光」って…日本の曲じ
IMG_2044


イギリス人彼氏と日本のスーパーで買い物中に「蛍の光」が流れてきました。私たちの感覚では閉店前のBGMとしてお馴染みですよね。 

しかしこれは元々スコットランド(イギリス)の民謡で「Auld Lang Syne」という世界的に有名な曲とのこと。

えっ…「蛍の光」って…
日本の曲じゃ…ないんだ!?

イギリス(欧米)では新年などのお祝いの席でみんなで肩を組みながら合唱するらしいです。
私がイギリスで経験した年越しはとても合唱する雰囲気ではなかったですが、ロンドンでは合唱していたかもしれませんね。

てっきり寂しい曲だと思ってたけど、みんなで歌うと印象が変わります。

いつもお世話になっております、柳本マリエです。気がつけば今年も残すところあと1日ちょっと。そこで本日は年の瀬らしく1年を振り返ってみようじゃありませんか!まずこのブログの2018年を漢字ひと文字で表すなら間違いなく「謝」でしょうね。えぇ、何度も土下座しましたか
いつもお世話になっております、柳本マリエです。

気がつけば今年も残すところあと1日ちょっと。
そこで本日は年の瀬らしく1年を振り返ってみようじゃありませんか!

FullSizeRender

まずこのブログの2018年を漢字ひと文字で表すなら間違いなく「謝」でしょうね。えぇ、何度も土下座しましたから。

と、いうのも2018年6月にブログをリニューアルいたしまして。タイトルは「肩乗りネコと三十路の勇者」から「17歳からのイングリッシュ」へ、キャラクターは勇者服から普段着に。

ちなみに勇者時代はこんな感じでした↓ 

FullSizeRender
IMG_2021
IMG_2022
(Photos by itchaman

ネタ系ブロガー感ビンっビン☆
2枚目の写真↑撮ったとき、笑いすぎて死ぬかと思いました。

すみません、話がそれましたね。
リニューアルに伴い勇者引退ライブなるイベントを開催したのですが、これがもう大・遅・延よ。

ライブ参加者全員のアイコンを描くという無謀なチャレンジをしてしまったため、期日に間に合わないというハプニングが連発(1度2度じゃない)

その節はホントすみませんでした!!!

FullSizeRender
(画像クリックで伝説のライブに飛びます)

遅延に遅延を重ね、なんとかライブは終了。

色んな人に励まされながら、無事「17歳からのイングリッシュ」という新たなタイトルで出発することができました。

めちゃめちゃ嬉しいことに、ブログの読者登録数はリニューアル前と比べて3.5倍に増え、インスタのフォロワー数は先日2.5万人を突破ッ!


本当に本当に、いつも読んでくださっている読者の皆さまのおかけです。ありがとうございます。

リニューアル後で人気の記事は下記の2記事。
もしまだ読んでないという人はぜひ!

FullSizeRender

FullSizeRender

2019年はブログはもちろん、YouTubeに力を注ぎたいです(すぐ色んなことに手を出す悪い癖)

明日は大晦日ですが朝7時に「ポーキーチャンネル」、お昼頃に4コマ記事を更新いたします。年末年始も通常営業しておりますので、お時間あればぜひ遊びにいらしてください。

改めまして…
2018年も当ブログを読んでいただき本当にありがとうございました。そしてどうぞ来年もごひいきに!皆さまよいお年をお迎えくださいませ!

(明日も通常通り更新しま〜す!)
(2記事更新しま〜す!)
(朝とお昼に遊びに来てね〜!)

イギリス人彼氏は日本で働き始めて2年ほどで転職をしています。そのタイミングで(新しい仕事が始まるまで)3ヶ月ほどイギリスに一時帰国をしていました。転職が決まった時点から物件を探していたのですが、これが思った以上に難航しまして…条件をだいぶ妥協しても数件ヒッ
IMG_2004
IMG_2006


イギリス人彼氏は日本で働き始めて2年ほどで転職をしています。そのタイミングで(新しい仕事が始まるまで)3ヶ月ほどイギリスに一時帰国をしていました。

転職が決まった時点から物件を探していたのですが、これが思った以上に難航しまして…
条件をだいぶ妥協しても数件ヒットする程度(時期や地域、運にもよると思います)

そうこうするうちに一時帰国の時期も近づき、ウィークリーマンションを解約しなければならず、「もう一緒に住んでしまおう」となりました。

私の名義で借りる分には同居人が外国人でも問題はなく、それほど条件を妥協せずに物件を選ぶことができます。

こうして、彼氏が日本に戻ってきたと同時に東京で同棲生活が始まりました。

そこはウソでもスッピンを褒めてくれ!外国人ってそういう甘い言葉とか言ってくれるんじゃないの?(イメージ)ちなみにイギリス人彼氏は私に「もっと痩せたほうがいい」とか「今日のメイクは似合ってない」とか言ってくるタイプの人でした。控えてよぉ!そこは思っても控え
IMG_1988
IMG_1987


そこはウソでもスッピンを褒めてくれ!

外国人ってそういう甘い言葉とか言ってくれるんじゃないの?(イメージ)

ちなみにイギリス人彼氏は私に「もっと痩せたほうがいい」とか「今日のメイクは似合ってない」とか言ってくるタイプの人でした。

控えてよぉ!そこは思っても控えてよおおお!

イギリスはフィッシュ & チップスやマッシュポテトなど、イモを使った料理が目立ちますが…日本に来てもイモ!!!そのあたりブレないですね。ちなみに彼氏はじゃがりこやポテチ(イギリスではクリスプと呼ぶ)を食べるときは必ず紅茶と合わせます。どこまでもブレない。
IMG_1961


イギリスはフィッシュ & チップスやマッシュポテトなど、イモを使った料理が目立ちますが…

日本に来てもイモ!!!

そのあたりブレないですね。
ちなみに彼氏はじゃがりこやポテチ(イギリスではクリスプと呼ぶ)を食べるときは必ず紅茶と合わせます。どこまでもブレない。

今年も残すところあとわずか。世間はすっかりお正月の話題になっているので、お年玉の思い出をひとつ。かわいくないにもほどがある!!!相手(特に身内)に「ありがとう」とお礼を言うのが恥ずかしかったんです。お礼を言わなきゃいけないくらいなら、いらないくらいに。言
今年も残すところあとわずか。
世間はすっかりお正月の話題になっているので、お年玉の思い出をひとつ。

IMG_1950


かわいくないにもほどがある!!!

相手(特に身内)に「ありがとう」とお礼を言うのが恥ずかしかったんです。お礼を言わなきゃいけないくらいなら、いらないくらいに。
言ったところで取り上げられてしまいますしね。

(ひねくれすぎている…)

でも幼少期に言う「ありがとう」ってハードル高くないですか?いまだったら喜んで受け取りますけども。

イギリス人彼氏の実家や親友宅に滞在すること3週間。ついに別れのときがきました。感傷に浸る時間なんてありませんでした。飛行機を利用するときって搭乗開始時間を目安に「◯◯時までにチェックインして◯◯時までにトイレ行っておこう」みたいに逆算するじゃないですか。そ
イギリス人彼氏の実家や親友宅に滞在すること3週間。ついに別れのときがきました。

IMG_1943
IMG_1946


感傷に浸る時間なんてありませんでした。

飛行機を利用するときって搭乗開始時間を目安に「◯◯時までにチェックインして◯◯時までにトイレ行っておこう」みたいに逆算するじゃないですか。そのとき、そもそもの時間を勘違いしてしまったんですよね。

呼ばれた瞬間すべてを悟り、搭乗口まで猛ダッシュ。間違いなく人生で最速の走りだったと思います。

私はたまたま搭乗口に近い位置にいたためアナウンス後2〜3分で到着できましたが、私のほかにも同じように青ざめた顔で走ってくる人が3人ほどいました。

私だけじゃなかったことに少しホッとしたものの、迷惑をかけてしまい大反省。本当にすみませんでした!!!

前回はイギリスの割引システムについてご紹介しましたが、今回はスーパーマーケット自体の違いについての話です。イギリスは階級文化があるからスーパーマーケットにもそれぞれ特徴(ランク)がある、なんて言われているそうで。海外に行くとスーパーマーケット巡りをする人
前回はイギリスの割引システムについてご紹介しましたが、今回はスーパーマーケット自体の違いについての話です。

IMG_1929


イギリスは階級文化があるからスーパーマーケットにもそれぞれ特徴(ランク)がある、なんて言われているそうで。

海外に行くとスーパーマーケット巡りをする人も多いかと思いますが、なにも知らずに入ると高級店と格安店では大きな差があるため、イギリスへの印象も変わることでしょう。

そこで今回は私の独断と偏見で日本のお店に例えながら、イギリスで人気の6店舗を紹介したいと思います。

日本でいう百貨店のデパ地下
◾️Waitrose(ウェイトローズ)
王室御用達の最高級スーパー。オーガニックなどの品質にこだわり、品揃えも豊富。

日本でいう東急ストア
◾️Marks & Spencer(マークス & スペンサー)
プライベートブランドに力を入れていて、アパレルや日用品の取り扱いも豊富。富裕層からの指示が高い。

日本でいう成城石井
◾️Sainsbury's(セインズベリー)
品質を保ちつつ、手が届きやすい価格で提供。都心部も郊外にも展開している歴史ある人気店。

日本でいうイオン
◾️Tesco(テスコ)
イギリス最大規模を誇る大手チェーン。どこの街でも必ず見つけることができる安心のお店。

日本でいうドン・キホーテ
◾️ALDI(アルディ)/LiDL(リドル)
ディスカウント食品が人気で、コスパの良さから顧客満足度が高い。


という感じです。
先述したようになにも知らずに入ると価格やサービスの差に驚くかもしれません。格安店は陳列も豪快で、商品が箱に入っていたり乱雑な印象を受けました(多少の店舗差はあるかもしれません)

とはいえ特徴を知っていれば用途にあった買い物ができるのでとても便利。
ウェイトローズで毎日高級オーガニック食材を買うのは無理でも、チョコレートやショートブレッド(スコットランドの伝統的なお菓子)などのお土産を買うには適しているし、どこにでもあるテスコは急な用事でもすぐに立ち寄れます。

もしイギリスのスーパーで「うわっ、物価高い!」という印象を受けたのであれば、そこはウェイトローズだったのかもしれません。
ちなみに私はテスコが好き!!