17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

2018年08月

リョウは上半身が壁っぽいところがあるので、後方にいてくれるとすごく助かります。ツンとしてる割に誰に対しても面倒見がいい印象でした。これが2006年8月14日の出来事。ちょうど12年前の今日です。
IMG_8655


リョウは上半身が壁っぽいところがあるので、後方にいてくれるとすごく助かります。ツンとしてる割に誰に対しても面倒見がいい印象でした。

これが2006年8月14日の出来事。ちょうど12年前の今日です。

ライブ後ってめちゃめちゃコーフンするんですよね。それでつい、いつもはそんなに書き込んでいなかったミクシィの洋楽コミュニティ(掲示板)で思いの丈をぶつけてしましました。サマソニなど大きなフェスがあると、出演者がその前後で単独公演を行うことがよくあります。今
IMG_8628


ライブ後ってめちゃめちゃコーフンするんですよね。それでつい、いつもはそんなに書き込んでいなかったミクシィの洋楽コミュニティ(掲示板)で思いの丈をぶつけてしましました。

サマソニなど大きなフェスがあると、出演者がその前後で単独公演を行うことがよくあります。
今回は私の好きなバンドのひとつ、Fall Out Boyがサマソニ翌日に単独公演を予定していました。

ただ、ネットで知り合った人と実際に会うのははじめてだったのでマジでマジで緊張!

こころ荒ぶる月曜日の朝に、ただひたすら1週間分のポーキー写真を貼っていく「ポーキーチャンネル」それではさっそく、先週のポーキーをどうぞ!この写真↑なんとなく既視感あると思ったら、生後3ヶ月頃のポーズ↓と近いような(遠いような)今日が仕事の人も、そうでない人
こころ荒ぶる月曜日の朝に、ただひたすら1週間分のポーキー写真を貼っていく「ポーキーチャンネル

それではさっそく、先週のポーキーをどうぞ!

FullSizeRender
IMG_8614
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_8620
FullSizeRender
IMG_8623
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

この写真↑なんとなく既視感あると思ったら、生後3ヶ月頃のポーズ↓と近いような(遠いような)

FullSizeRender


今日が仕事の人も、そうでない人も、おとなもこどもも、おねーさんも…
よい1週間のはじまりとなりますように!

ファイヤーーー!!!

本日、夕方〜夜あたりに漫画記事も投稿予定です。ぜひまた遊びにきてね☆




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ



こんにちは、柳本マリエです。 このブログを昔から読んでくださっている読者さまはご存知かと思いますが、私ってほら…バズりたい女じゃないですか。「一度でいいかバズりたい」そう思って色んなことをしてきた結果が、コレよ…「私はやっぱりバズれないのか?」そう諦めか
こんにちは、柳本マリエです。 
このブログを昔から読んでくださっている読者さまはご存知かと思いますが、私ってほら…

バズりたい女じゃないですか。
「一度でいいかバズりたい」そう思って色んなことをしてきた結果が、コレよ…

「私はやっぱりバズれないのか?」そう諦めかけていた7月上旬、さらなる悲劇が私を襲うー

なんとエアコンから大量の水が降ってきたのだ。

IMG_8588


原因はまさかの室外機!(いままで室外機のことなど気にしたことはありませんでした)
この気持ちを共有したくて急いで上記4コマ↑を作成したところ、想像以上に反響がありまして…

まずgrapeさまに取り上げていただき、その後オトナンサーさまから取材を受け、オトナンサーさま経由でヤフーニュースにまで載せていただきました!

オトナンサー記事(インタビューあり)
ヤフーニュース(オトナンサー記事)

友だちから「ヤフーニュースに載ってるよ」と連絡がきたときは最高のドヤり顔で返信しましたよ。


オトナンサーさまの取材では、エアコンのことと以外にブログのこともなどもちょろっと話しています。
このブログは6月にリニューアルをしたばかりなので、色んな人の目に止まってもらえたら嬉しいな。

2006年のサマソニはエモ・スクリーモ好きには伝説の神ラインナップの年で、参戦一択でした。当時ライブハウスでのライブには行っていましたが、フェスははじめて!野外ステージでは観客に向けてホースで水が撒かれたり、ペットボトルの水を頭からそのままかけられたり、水で
IMG_8586


2006年のサマソニはエモ・スクリーモ好きには伝説の神ラインナップの年で、参戦一択でした。当時ライブハウスでのライブには行っていましたが、フェスははじめて!

野外ステージでは観客に向けてホースで水が撒かれたり、ペットボトルの水を頭からそのままかけられたり、水でボタボタになりながらのライブはめちゃめちゃ楽しかったです。

水と暑さ?で革のベルトが溶けたのか、帰りに引きちぎれていることに気がつきました。あれだけ揉みくちゃにされたらまぁ仕方ないかな。

今年もついに来週末ですね!
参戦する人は熱中症ホントにお気をつけください。

私は話す と 私は話をするどちらも日常的に使っているかと思いますが、よくよく見ると動きの部分が異なります。動いてる部分は動詞と呼ばれ、動作や状態を表す語です。しかしながら私たちはわざわざ「あぁいま動詞使ってるわぁ」なんてことは思わないですし、上記2つの文章
IMG_8573
IMG_8572
FullSizeRender


私は話す と 私は話をする
どちらも日常的に使っているかと思いますが、よくよく見ると動きの部分が異なります。

動いてる部分は動詞と呼ばれ、動作や状態を表す語です。しかしながら私たちはわざわざ「あぁいま動詞使ってるわぁ」なんてことは思わないですし、上記2つの文章も日常的に無意識になんとなくどちらかを選んで話している場合が多いのではないでしょうか。


私は話す
この場合は【話す】が動きの部分にあたり、意味は「声に出して相手に伝えること」
なので「私は話す」ならば「私は声に出して相手に伝える」というところまでがセットになって認識されるかと思います。

私は話をする
一方こちらの場合は【する】が動きの部分にあたり、意味は「物事や行為を行うこと」
なので「私は話をする」ならば「話(という事柄)を行う」ことで【話す】と同様の意味合いを持ちます。

そのため、動きの部分は違うのに結果は同じということに。客観視すると、中身の部分が見えやすくなってきます。でもこの違いを見極めるのがなかなか簡単にはいきませんでした。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ



海外留学をして語学を学んだ人の一定数が、英語の教師ではなく国語の教師になると聞いたことがあります。私は留学経験こそないですが、その理由がすっっっごく理解できます。これはかなり個人的な意見になりますが…私を含めて英語に苦手意識のある人は「国語を英語用にうま
IMG_8546
IMG_8547


海外留学をして語学を学んだ人の一定数が、英語の教師ではなく国語の教師になると聞いたことがあります。私は留学経験こそないですが、その理由がすっっっごく理解できます。

これはかなり個人的な意見になりますが…
私を含めて英語に苦手意識のある人は「国語を英語用にうまく活用できていないだけなのではないか」と、いまとなっては思うのです。

これから先の更新は、私が3ヶ月間の英会話スクールで学んだことをイチから整理して吸収していく過程を図解しながらお見せします。

「もっとこうしたほうが」とか「その考え方は回りくどい」など思う人もいるかもしれませんが、私が自分自身を納得させるために実際に通ってきた道なのでご容赦くださいませ。

まず行ったのは断捨離。
下記をやめることにしました。これらが決して「ムダなこと」なのではなく、当時の私には必要ではなかったためです。

断捨離したこと
・単語を覚える
・フレーズの丸暗記
・辞書を使う
・複雑な文法攻略
・リスニング


単語を覚える
中学高校で目にした(耳にした)単語で十分勉強することができたため

フレーズの丸暗記
活用できた試しがなかったため

辞書を使う
辞書が必要なほどの単語を使わなくても勉強することができたため

複雑な文法攻略
わざわざ複雑な文法を覚えなくていいかな、って

リスニング
仕組みを理解できてからのほうがリスニング力が著しく上がったため


あとは、私に必要だったのは日本語のほうだったためです。英語の概念を理解するためには、日常的に使っている日本語の仕組みを客観視する必要がありました。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ



のちの彼氏、リョウとの出会いはネットでした。実際に対面するのはまだ先ですが、この頃から私は男女問わずネットで多くの出会いを経験します。ネットでの出会いというとあまり良い印象を持たれないことが多いけど、ネットがキッカケで気の合う仲間と集まって一緒にイベント
IMG_8531


のちの彼氏、リョウとの出会いはネットでした。
実際に対面するのはまだ先ですが、この頃から私は男女問わずネットで多くの出会いを経験します。

ネットでの出会い
というとあまり良い印象を持たれないことが多いけど、ネットがキッカケで気の合う仲間と集まって一緒にイベントに行ったり、好きなことについて夜通し語り合ったりできる存在は地元の友だちとまた別の価値がありました。どっちも同等に大切。

こうして私はネットの世界にどっぷりとハマっていくこととなります。みんな、理解者を求めていたんですかね。