17歳からのイングリッシュ

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

2018年08月

前回の主体の話のつづき私たちは気がついたら日本語を話せるようになっていた、日本語のスペリャリストです。思考が自動的に日本語となって出てきます。だって母国語だもの【歩く】【食べる】【話す】などが動詞と呼ばれていることもそこそこ知っているし、なんならその定義
IMG_8753
IMG_8754



私たちは気がついたら日本語を話せるようになっていた、日本語のスペリャリストです。思考が自動的に日本語となって出てきます。

だって母国語だもの


【歩く】【食べる】【話す】などが動詞と呼ばれていることもそこそこ知っているし、なんならその定義もなんとなく理解しています。

だって母国語だもの


しかしながら普段の会話の中にどれほどの「動作」が含まれているかは意識していないはず。

それは母国語だから


彼女は大きな目を持っている
という文章の中で「持っている」という言葉をいち動作として意識するでしょうか。私はしません。
だって、動作っていう割には動いてないし。



英語がただ単に日本語と語順が違うだけなら、理解するのにそんなに苦労しないと思うんです。

もちろんほかの細かい部分も色々違いますが、もっともっと根深いところにあるのは、私たちが普段の会話で意識していない部分を英語ではガンガン使うから難しく感じるのではないか、と。

状況主体と動作主体の「視点の違い」は理解できても、いざ「動作」と言われるとピンとこない。

私たちか普段どれだけ「動作」を「動作」として意識していないか、次回はイラストで具体例を描いてみますね。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ



ご両親はとにかく優しくて、遊びに行く度にご厚意に甘えていました。夕飯もいつも私の分まで作ってくれていたのですが食べるときは基本的に別。そのほうがお互いラクだから、とのこと。なんという気づかい!リョウが仕事などで遅くなるときは、リョウの実家でリョウの帰りを
IMG_8748


ご両親はとにかく優しくて、遊びに行く度にご厚意に甘えていました。

夕飯もいつも私の分まで作ってくれていたのですが食べるときは基本的に別。そのほうがお互いラクだから、とのこと。なんという気づかい!

リョウが仕事などで遅くなるときは、リョウの実家でリョウの帰りを待つこともありました。気がつけば、入院中のおばあちゃんのお見舞いという家族イベントにもちゃっかり参加するほどに。

それなのにどうして最終的に音信不通になってしまったのか、いま思うと私が仕事を変えた頃から少し歯車が合わなくなっていたのかもしれません。

前回の視点の話のつづき日本語と英語は、まず視点が違います。日本語は状況を主体とする言語で、英語は動作を主体とする言語。同じものを見て同じことを思ったとしてもこれだけ違います。彼女の目は大きい(日本語的表現)彼女は大きな目を持っている(英語的表現)なので「
IMG_8719
IMG_8721



日本語と英語は、まず視点が違います。
日本語は状況を主体とする言語で、英語は動作を主体とする言語。同じものを見て同じことを思ったとしてもこれだけ違います。

彼女の目は大きい(日本語的表現)
彼女は大きな目を持っている(英語的表現)

なので「彼女の目は大きい」という日本語的表現をを英語で言いたい場合は、直訳の「Her eyes are big」よりも「彼女は大きな目を持っている」という英語的表現の「She has big eyes」と言うほうが一般的でしょう。

ただ、ここでの問題は視点の違いではなく…
動作主体の「彼女は大きな目を持っている」という文章の中に【動作】が含まれていることを私たちは意識していないことです。

母国語だから、わざわざ言葉ひとつひとつの働きなんて意識していません。

この問題こそが厄介で根深く、英語と日本語の間の大きな壁だと私は思っています。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ




私が具体的に勉強した内容をお見せするより先に、文法うんぬんより先に、まず「視点」について書かせてください。ぶっちゃけ英語も日本語も、漫画内で説明した「自分(の目線)視点」と「背後視点」はどちらも持ち合わせています(オイッ!)ただ、私の考えは…英語は概念が
IMG_8678
IMG_8677


私が具体的に勉強した内容をお見せするより先に、文法うんぬんより先に、まず「視点」について書かせてください。

ぶっちゃけ英語も日本語も、漫画内で説明した「自分(の目線)視点」と「背後視点」はどちらも持ち合わせています(オイッ!)

ただ、私の考えは…
英語は概念が背後視点(自分視点もある)
日本語は基本的に自分視点(背後視点もある)
ただし私たちは背後視点を意識していない
ということ

これが私の落としどころとなります。英語は背後から客観的に「動きを見ている」イメージ。自分の目線ではなく、背後から!
ここに行き着くまでに私が勉強したことはザックリ下記です。

・英語と日本語の違い
・動詞の見極め
・名詞の見極め
・have, give, get の使い方
・動名詞について
・形容詞と副詞について

↑今後は基本的にこの流れに沿って更新をしていくつもりなので、どうぞよろしくお願いします。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ


今回はちゃんと事前に「本命の彼女の有無」を確かめてから告白しました。ツンとしてる割に面倒見がいいところに惹かれたのもあるのですが、2人で会ったときにDizzy Mizz Lizzyというデンマークのバンドの話で盛り上がったことが私の中では高ポイント!過去にDizzy Mizz Lizzy
IMG_8663


今回はちゃんと事前に「本命の彼女の有無」を確かめてから告白しました。

ツンとしてる割に面倒見がいいところに惹かれたのもあるのですが、2人で会ったときにDizzy Mizz Lizzyというデンマークのバンドの話で盛り上がったことが私の中では高ポイント!
過去にDizzy Mizz Lizzyのコピーバンドを結成して秒で解散した話を理解してもらえたことが嬉しかったです。

まぁでも、リョウとは最悪の結末を迎えるんですけどね!

リョウは上半身が壁っぽいところがあるので、後方にいてくれるとすごく助かります。ツンとしてる割に誰に対しても面倒見がいい印象でした。これが2006年8月14日の出来事。ちょうど12年前の今日です。
IMG_8655


リョウは上半身が壁っぽいところがあるので、後方にいてくれるとすごく助かります。ツンとしてる割に誰に対しても面倒見がいい印象でした。

これが2006年8月14日の出来事。ちょうど12年前の今日です。

ライブ後ってめちゃめちゃコーフンするんですよね。それでつい、いつもはそんなに書き込んでいなかったミクシィの洋楽コミュニティ(掲示板)で思いの丈をぶつけてしましました。サマソニなど大きなフェスがあると、出演者がその前後で単独公演を行うことがよくあります。今
IMG_8628


ライブ後ってめちゃめちゃコーフンするんですよね。それでつい、いつもはそんなに書き込んでいなかったミクシィの洋楽コミュニティ(掲示板)で思いの丈をぶつけてしましました。

サマソニなど大きなフェスがあると、出演者がその前後で単独公演を行うことがよくあります。
今回は私の好きなバンドのひとつ、Fall Out Boyがサマソニ翌日に単独公演を予定していました。

ただ、ネットで知り合った人と実際に会うのははじめてだったのでマジでマジで緊張!

2006年のサマソニはエモ・スクリーモ好きには伝説の神ラインナップの年で、参戦一択でした。当時ライブハウスでのライブには行っていましたが、フェスははじめて!野外ステージでは観客に向けてホースで水が撒かれたり、ペットボトルの水を頭からそのままかけられたり、水で
IMG_8586


2006年のサマソニはエモ・スクリーモ好きには伝説の神ラインナップの年で、参戦一択でした。当時ライブハウスでのライブには行っていましたが、フェスははじめて!

野外ステージでは観客に向けてホースで水が撒かれたり、ペットボトルの水を頭からそのままかけられたり、水でボタボタになりながらのライブはめちゃめちゃ楽しかったです。

水と暑さ?で革のベルトが溶けたのか、帰りに引きちぎれていることに気がつきました。あれだけ揉みくちゃにされたらまぁ仕方ないかな。

今年もついに来週末ですね!
参戦する人は熱中症ホントにお気をつけください。