肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

2017年03月



花ぼうる
卵黄、砂糖、小麦粉で作る記事を
長方形に伸ばし切り込みを入れて形を作り
焼いたお菓子。
南蛮菓子のひとつで往時は
江戸でもよく食べられていました。
現在このように綺麗な切り込みを入れたものは
沖縄にしか残っていない。
感想:くんにゃりした食感!


くんぺん
卵黄、砂糖、小麦粉で作る皮に胡麻あんを包み
扁平な円形に整えて焼いた「くんぺん」は
琉球王国を代表する菓子。
往時は冊封使の歓待料理に用いられた
格調高いお菓子。
現在は日常のお菓子や法事用の菓子として
用いられている。
感想:胡麻あんが濃厚で激うま!


ちいるんこう
卵をたっぷり使い、表面に赤く染めた落花生や
桔餅を飾った華やかな蒸し菓子。
古くは卵黄のみを使用していたが、
現在は一部卵白も使うためソフトな口当たりに。
感想:蒸しパン的な!



ちんすこう
固まったラードと砂糖をよく混ぜ、
こそに小麦粉を加えていき記事を作る。
それを型抜きにして焼いた菓子。
琉球時代から作られている歴史ある菓子。
感想:ラードなんだ!?



さんぴん茶
中国から伝わるジャスミン茶。
琉球へは600年前に伝わったといわれている。
名前の由来は中国語の「香片(しぇんぴん)」
が訛って「さんぴん」と呼ばれるように。
沖縄では緑茶やウーロン茶よりも人気があり
最も飲まれている。