肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

2017年03月

いつもお世話になっております、
柳本マリエでございます。

1日〜月末までの中で、
反響があった記事・なかった記事
推し記事などを振り返る「月末締め」


この記事を更新する度に思うのですが、
1ヶ月って本当に早いっ!
今月もさっそく振り返って参りましょう。

2017年3月最も反響が大きかった記事


【チャレンジ企画】

更新数が多かったために、
たくさんのアクセスをいただきました!
が、失ったものもありました。

【関連記事】


2017年3月最も反響が少なかった記事

そういえばこんな茶番も書きましたね。
改めて振り返ると絶妙な気持ちになります。


2017年3月の推し記事

落無マリエ独占インタビュー

今後も落無マリエは登場予定なので、
まずはこちらのインタビュー記事を
読んでいただければと。


2017年3月の反省点



サブブログ「三十路のエモあがき」の
更新があまりできませんでした。

あの記事以来、更新が止まってしまったので
4月はモリモリがんばります!
まさか、あの記事以来止まってしまうとはね…
あの記事を最後に…



そんなワケで、今月も大変お世話になりました!
来月も引き続きどうぞよろしくお願いします!


→→→←←←



お世話になっております、柳本マリエです。

昨日は、友だちのEMILY
久しぶりに長電話してしまいましたっ!

EMILYとはスイス人科学者邸で行われた
ホームパーティで出会ったのですが、
感じ方・考え方が本当に似ていて
話し出すと止まりません!

現在EMILYはイタリアのミラノに在住、
その様子を「Milanese イタリア奮闘記」にて
毎日更新しております!

少し前に家を探しに行ったそうで、
家を選ぶ基準の違いに驚いたそうな。

日本では(私は)、
キッチンの使いやすさとか寝室の落ち着き感など
《自分の希望》を優先しますよね?

しかしイタリアは、
《ゲストへのおもてなし》が優先で
ゲストルームの有無(または数)や
庭でバーベキューができるかなどを考慮して
決めるとのこと。

引越しするとき、
ゲストルームやバーベキューのことを
気にしたことあります!?
私は、ない!!!

でもイギリスで友だちの家に遊びに行くと
だいたいゲストルームに泊めてもらっていたので
欧米ではゲストルームの考慮は当たり前なのかな。
(バーベキューも?)



EMILYのブログ
イタリアの日常を毎日読むことができますよ!
ぜひ覗いてみてね!


→→→←←←


こんばんは、柳本マリエです。
本日2回目の投稿となります!




さて、今回はお知らせが2つありんす!

ひとつ目は、
みなさんご存知「たかおとむらた」の
高雄さんが勇者を描いてくださいました!
その記事がコチラ→「むらたの心配事

高雄さんのブログは、
ほっこりしたイラストの中に
トリッキーなネタが多くて、
毎回ニタニタしながら読んでいます。

中でもイチ押しがコチラ→「リョウ君
そういえば先日大阪へ行ったときも、
串カツ屋さんで「リョウ君」の話題になり
盛り上がりましたよ!

2つ目のお知らせは、
本日「三十路勇者の占い伝説」
公開されました!


つづきは「三十路勇者の占い伝説」にて

見どころは、おばあちゃん勇者です。
どうぞよろしくお願いします!

→→→←←←


インタビュアー(以下:イ)
「本日は、オチなし界の重鎮
落無(おちなし)マリエさんに
お越しいただきました!」

落無マリエ(以下:マ)
「はじめまして、落無です。」



「お会いできて光栄です。
何とお呼びすればよろしいでしょうか?」

「普段は《先生》だなんで呼ばれておりますが
どうぞ、お好きなようになさって。」

「では落無さん、さっそくですが」

「・・・。」

「落無さん?」

「・・・。」

「先生?」



「・・・さっそくですが、
今のようなオチのないスタイルは
いつ頃から確立されていたのですか?」

「2017年の3月ですね。」

「ほぅ、それまたどうして?
何かキッカケがあったのですか?」

「オチが、浮かびませんでした。」

「やはりオチを考えるのは大変なんですね。
それをあえて取っ払う、
先生はもう無敵じゃないですか!
怖いものってあるんですか?」



「なるほど。
では、先生の今後の理想をお聞かせください。」

「読み終わった人が「なにこれ?」
と、困惑するような記事を書きたいわ。
人って、理解できないことが起きたとき、
それを確かめたくなるはずなの。
1度読んだのにもう1度読みに来てくれたら、
大成功よ!」

「そうですか、
先生の今後のご活躍を楽しみにしています。」

「ふふ、ありがとうございます。」


オチなし界の重鎮
落無マリエ独占インタビュー 



→→→←←←