肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

2016年11月

いつもお世話になっております、
柳本マリエでありんす。

依頼していた名刺が届きました!



両面印刷で、裏は勇者のイラスト仕様。

これからお会いする方にはもれなく
ヤナマリ名刺を(強制的に)お渡しします!

初めての発注だったので、
色みや質感など今後は変えるかもしれませんが
(つるつるした加工のやつもいいな、と)
とりあえず最初の50枚はこんな感じです。

ところで本日は、
長年の友人と遊んできました。



定食屋さんでお茶漬けランチ食べたのですが、
米の硬さがマジ最高!!!

そして友人から「ブログのネタに」と
こんなアイテムまでいただいちゃったよ!



フェリシモ猫部のヘアバンド!
じつはコレ、ずっと前から狙っていたのですが
買うのがおっくうで(おい!)見送っていたモノ!

ユニークなアイテムが揃っていて
現在、期間限定でソラマチに実店舗があるそうな。
気になる方はぜひお店へ!



相変わらずボンバーな耳毛のポキ氏!
明日は朝イチで4コマ更新予定です。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






お世話になっております、柳本マリエです。 

ポーキーは目が合うと真顔で飛んでくるのですが
だいたいいつも寸止めで「わぁ驚いた(棒読み)」
みたいな顔をしてきます。

ガチで走ってくるからこっちはちょっと怖いけど
クラッシュしたことは今のところありません。





↑ これは、OF THE YEAR 2016のトロフィーを
セルフタイマーで撮ろうとしたら、
ちょうどポーキーが入り込んでくるという茶番。

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)







お世話になっております、柳本マリエです。

昨日は、OF THE YEAR 2016受賞の
お祝いメッセージありがとうございました!
(特設ページは→コチラから)

賞の名に恥じぬよう、
これからも精進して参りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨日はイタリアから帰国している友人
りえちゃんと遊んでました。



りえちゃんはもうすぐ
イタリアへ渡ってしまうのですが、
そろそろクリスマスシーズンの始まりです。

イタリアのクリスマスというと
(私的に)あまりイメージがなかったのですが、
アメリカやイギリス同様にホームパーティーなど
頻繁に開催されるとのこと。

そのときの食事量が、とにかくハンパないらしく
ちょっと(思い出して)苦しそうにしてました。

イタリアの通常の食事は、
ザックリいうと下記のような流れ(うろ覚え)

アンティパスト(前菜)
プリモ・ピアット(メイン料理1:炭水化物)
セコンド・ピアット(メイン料理2:魚や肉)
デザート
エスプレッソ



クリスマスシーズンは、このメイン料理1と2が
それぞれ2倍になって食卓に並ぶそうですが、
アンティパストという前菜の時点で山盛りらしく
(前菜といってもパンみたいなのも含まれる)
まさにフードファイター状態とのこと。

しかしこれがイタリアの
伝統的なクリスマスのおもてなしだそうで、
今でも色濃く残っているそうな。

マジで、
イタリア(天国)
行ってみたい!

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)














先ほど発表された、
ライブドアブログ OF THE YEAR 2016
(特設ページは→コチラから)

この度、当ブログが【特別賞】という
とても名誉ある賞をいただきました。
本当にありがとうございます。

まずは読者の方々へ、心よりお礼申し上げます。

2016年4月に
ライブドアブログにてブログを始めてから
このブログが目に止まったことをキッカケに
私はDJあおいさんに拾っていただきました。

そしてライブドアブログ歴2ヶ月弱の
無名ブロガーの私に「DJあおいさんと対談
という機会を設けてくださったのが
プロデューサーM様。 

あおいさんからのリクエストとはいえ、
得体の知れない無名ブロガーと
対談させてくれるでしょうか。
私がプロデューサーならそんな危ない橋は
絶対に渡りません!!!

しかしこんな私にチャンスを与えてくださり、
このような素晴らしい賞をいただくことができました。




そして最後に、
このブログを描くキッカケとなった肩乗りネコ
ポーキーにも感謝の気持ちでいっぱいです。

この賞を当然とは思っていません。
重要なことだと思っています。
本当に、ありがとうございました!
(繰り返しますがこれは、
アカデミー賞を受賞したときの
レオナルド・ディカプリオの言葉です)

ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)

こんにちは、柳本マリエです。
ネコにはさまざまな抱き方があるのを
ご存知でしょうか。 

本日はポーキーが好きな抱っこ
3パターンをご紹介します。



だいたいこの3パターンが多いので、
ひとつひとつ解説しますね。

 
スタンダード抱き
下の腕でおしりをしっかり支え、
上の腕は添えるだけ。

かまってあげられなくてグズり出したときなど、
このスタンダード抱きで
部屋の中を歩き回ると落ち着きます。


 
ギター抱き
関節のつけ根を
しっかり支えることがポイント。

この状態になると、
なぜかキメ顔になるのが特徴。


↑ 2015年10月


↑ 2016年8月

ギターを奏でるように、
愛猫のことを愛でましょう。


 
観音抱き
下からしっかり支えることで
まんざらではない様子。

バランスをとるのにコツがいりますが
二の腕で抱え込むので意外と安定感があり、
手足をプラプラさせて上機嫌になることが多い。


抱き方はほかにもたくさんありますが、
ポーキーが特に好きなのはこの3パターン。

前にご紹介したイナバウアー
スタンダード抱きからの延長線となりますが、
今でも頻繁に要求してきます。


ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)