17歳からのイングリッシュ(旧:肩乗りネコと三十路の勇者)

身内のほとんどが外国人という環境にも関わらず、まったくその文化に触れてこなかった純日本人の私が、いかにして英語を学び、どのように影響されたのかを綴る回想記

2016年08月

先日職場で、 世代が近い男性社員から教えてもらったのですが 今どきの高校生は「マジ」ではなく、 「ガチ」を率先して使うとのこと。 (本当か否か、わからないですが) 「マジ」という言葉はもともと、 江戸時代から





先日職場で、
世代が近い男性社員から教えてもらったのですが
今どきの高校生は「マジ」ではなく、
「ガチ」を率先して使うとのこと。
(本当か否か、わからないですが)

「マジ」という言葉はもともと、
江戸時代からあるそうで(ヤナマリ調べ)

それが90年代に若者の間で流行り、
広末涼子も「majiでkoiする5秒前」と歌っていたし
反町隆史は「poison」と歌っていた。

そんな時代から早数十年、
時代はマジからガチに変わろうとしている。



「ガチ」も使わなくはないですが、
私は、ガチ:マジ = 1:9 くらいの割合です。
とっさに使うのは「マジ」のほうですね。

いつか現役の高校生と話す機会があったら
真相を聞いてみます。 

ヤッホー!柳本マリエです! 本日2回目の更新となります(今日休みだからね!) 先日コンビニでこんなモノを見かけました。 ハバネロチョコ!
ヤッホー!柳本マリエです!
本日2回目の更新となります(今日休みだからね!)

先日コンビニでこんなモノを見かけました。



ハバネロチョコ!



昔から辛いモノが大好きで、
一味唐辛子の消費量には自信があるほうです。

たまたまコンビニに行ったら、
「ハバネロチョコ」なるモノを見つけ
辛いモノ好きの私は迷わず購入。

だってハバネロとチョコて!
どんな味か気になりませんか?



パッケージにも書いてある
《甘いけど辛い》を実際に体験してみました。



【感想】
甘いけど辛い!!

いや、まさかのその通り。
すごく甘いんですホントに。けっこうな甘さ。
なんだけど、のどを通る頃には辛い!

不思議な感覚ですね。

激辛というワケではないので、
辛いモノ(カレーの中辛くらい)がOKの方なら
辛さについては問題ないかと。

ぜひぜひお試しあれ〜!

おはモーニン!  以前「愛猫の撮り方」という ポーキーの写真を撮る際のこだわりを 書かせていただきました。 その際は、アングルなどの カメラの使い方を中心にご紹介しましたが 今回はその応用編?をご紹介します。 昨日インスタやツイッターなどに
おはモーニン! 

以前「愛猫の撮り方」という
ポーキーの写真を撮る際のこだわりを
書かせていただきました。

その際は、アングルなどの
カメラの使い方を中心にご紹介しましたが
今回はその応用編?をご紹介します。

昨日インスタやツイッターなどにアップした
こちらの写真。



どうやって撮るのかという質問を
いただきましたのでお答えいたします。

私はこうして撮りました!



今回はフッと見たらいい感じのポーズをしていた
というスピード勝負の状況だったため、
床をスライディングしながらの
シャッターボタン連打というスタイル。

急いでいたため、通常は1番意識している
両手で固定しながら撮るということが
できませんでした。



そのため、お蔵入り写真も多い。

だいたい10枚くらい撮った中から
構図やら表情やらを確認。



背景の天井の線がナナメになってますが
腕が直角なので個人的にはOK判定。
直角の法則については→過去記事「愛猫の撮り方

こんな感じでお気に入りの1枚を
決めていますよ!



さてさて、
本日の関東地方は台風接近中。

それなのに昨日の夜うっかり洗濯をしてしまい
部屋干しするはめに。

ギャフン!!!

と、いうことで20代の頃は ライブのために海外へ行くほど ロックが大好きでした。モチロン今も! 昨日今日とサマーソニック(ロックフェス) が開催されていて SNSのタイムラインが賑やかです。 私は昨日も今日も仕事なので行けませんが 2000年代あた


と、いうことで20代の頃は
ライブのために海外へ行くほど
ロックが大好きでした。モチロン今も!

昨日今日とサマーソニック(ロックフェス)
が開催されていて
SNSのタイムラインが賑やかです。

私は昨日も今日も仕事なので行けませんが
2000年代あたりは仕事の都合もつきやすく
国内外問わず頻繁にライブに行っておりました。

そこで本日は、
私の夏フェススタイルをご紹介します。



ポイントは気合い☆

あとはまぁ動きやすければ何でもいいんですが、
ショートパンツは足がダイレクトに出るため
切り傷などの怪我をしやすい気がするので
私は装備の意味で足全体が覆われるデニムを
履くことが多いです。

しかし、観戦時のスタイルより
重要なのは持ち物。



フェスの規模にもよりますが、
だいたいは汗だっくだくになります。

夏場の野外は特に、放水していたり
ペットボトルの水をドバドバかけられたりするので
汗やら色んなモノがポタポタ垂れるくらい
ビッショビショになることも。

すると何が起こるか!



帰りの電車のクーラーが鬼!

これで何度風邪を引きかけたことでしょう。
Tシャツだけ着替えても、
中のブラが濡れてるとかなり冷えます。

なので、着替え(特にブラ!)は
必ず持って行ったほうがいいです。


フェスに行かれる方は
熱中症や風邪にお気をつけくださいまし!

おはモーニン! 私は基本的に毎日、 くだらないことを考えてる OR(オア!) ポーキーのことを考えてるのどちらかなんですが 後者の場合、けっこう激しく歯ぎしりしてます。 家に一緒にいるときでさえ、





おはモーニン!

私は基本的に毎日、
くだらないことを考えてる OR(オア!)
ポーキーのことを考えてるのどちらかなんですが
後者の場合、けっこう激しく歯ぎしりしてます。

家に一緒にいるときでさえ、
「ポーキーのおしりをチュッチュしたい」
という欲求を抑えるために歯ぎしりしてます。



ギリィ…
(寝込みを襲いたい)

こんにちは、柳本マリエです。 朝起きたらポーキーがこんな風になってました。 ギャーーーーー! ポーズも顔も、ちょいホラー。 前に「おそらくその平凡こそ幸せ」の フニャコさんもおっしゃってましたが 寝てる風に見えて、
こんにちは、柳本マリエです。
朝起きたらポーキーがこんな風になってました。



ギャーーーーー!
ポーズも顔も、ちょいホラー。

フニャコさんもおっしゃってましたが
寝てる風に見えて、



寝ていない!!!
しっかりと目を開けたまま動かないポキ氏。
その後も、寝ず。



大好きな肉球マッサ(肉球マッサージ)で
ようやくスヤァ。






首、寝違えませんか?大丈夫ですか?
このあと私も一緒に寝てしまいました。


さて、昨日は休みだったのですが
来週使うあるモノを作っておりました。
また改めて記事にします。



それでは本日もほどほどにがんばったり、
休憩したりしましょう!

いつも大変お世話になっております、 柳本マリエでございます。  何度かご紹介させていただいております 私の彼氏ダニエル(ウェリントン) この度、ご好評により15%OFFクーポンの 有効期限が延長となりました。 勇者のコード【yus
いつも大変お世話になっております、
柳本マリエでございます。 

何度かご紹介させていただいております
私の彼氏ダニエル(ウェリントン)

この度、ご好評により15%OFFクーポンの
有効期限が延長となりました。



勇者のコード【yusya】
公式HPで注文すると15%OFF

ダニエル・ウェリントンでは
8月16日から9月15日まで
期間限定のキャンペーンをしております。

ClassicシリーズもしくはClassyシリーズを
公式ホームページで購入すると
NATOストラップ(ナイロンストラップ)が
無料で1本ついてくるとのこと!



勇者のコードと併用可能なため、
ストラップ1本(3,000円分)無料+15%OFFで
購入可能ということに!

ストラップでかなり雰囲気が変わるので
持っていて損はないでしょう。
むしろ得しかない!!!





↑ 仕事用時計のメインで使用してますが
同僚からも評判は良いです。

ご購入の際は、
「肩乗りネコと三十路の勇者」オリジナル
15%OFFコード【yusha】をお忘れなく。
公式ホームページのみ有効となります。

ダニエル・ウェリントン
公式ホームページ



こんにちは、柳本マリエです。 本日はいつものイギリスネタではなく、 フランスネタとなります。 個人的には元々フランスが大好きで 渡仏などしていました。  そこでお世話になっていた友人たちの 大多






こんにちは、柳本マリエです。
本日はいつものイギリスネタではなく、
フランスネタとなります。

個人的には元々フランスが大好きで
渡仏などしていました。 

そこでお世話になっていた友人たちの
大多数が同じ名前なんです。
しかもニックネームもみんな同じ。



ほぼ毎日この3ローラと行動を共にしていました。

3人そろっていればまだいいのですが
携帯のメッセージなどで
ローラ以外の人とローラのことを話すときは
本当に苦労しました。





「どのローラか」を
特定しなければならないので、
「髪の長いローラ」
「リール(地名)のローラ」
「動物好きのローラ」
という具合に説明しながら区別。

ちなみに、1コマ目のローラの夫は
ベンという名前のカメラマンなのですが、
私をフランスに招待してくれた友人の名前もベン。

そのベンの専属カメラマン(ローラ夫とは別)
の名前もまた、ベン。

そのほかにもうひとりベンがいます。


↑ 撮影中のベン(ローラの夫のほう)

ベンいわく、
フランスは同じ名前は多いけど
苗字が同じことはほとんどない、とのこと。

紛らわしいよ!