肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

2016年07月

本日ご紹介するのは、
ホラー映画を楽しく観る方法です。

 

「ホラー映画(ゲーム)を観て怖くないの?」
と、よく聞かれるのですが私はこう答えます。



モチのロンで怖いので、
常に対策をしながら観ているのです。



前回ご紹介したホラー映画
「死霊館 エンフィールド事件」
を例にしてご説明しましょう。

11歳の少女ジャネットに
老人の霊が憑依するシーン。
調査員のモリスが名前を聞くも応じず、
緊迫した雰囲気に。

ところが突然!



(ヤナマリ心の声)
いきなり名前キターーー!しかもフルネーム!
ってか年齢は、聞いてないけどねっ☆

と、このように
スキあらばツッコミを入れると
楽しい気持ちになりますよ!



それでも、絵的に怖い場合もあるでしょう。
そのときは基本の薄目対応で。



これはおそらく、
実践してる人も多いかと思います。
瞬間的な怖さにはやはり薄目がイチバン!





どんなことを考えるかはお任せします。

これは、映画を観終わってからでも有効なので
怖くなったらいつでも
エロスのことを思い出してくださいね!

以上、ホラー映画を楽しく観る
3つの方法でした。


【注意】 
下記、ホラー的描写が含まれております。
ホラーが苦手な方は
スクロールの速度を上げて頂くか、
もしくは薄目で読むことをオススメします。

そして最後に、
《LINEで読者になる》ボタンがあるので
そのボタンを押すこともオススメしています。



先日、「死霊館 エンフィールド事件」
(原題:The Conjuring2)を観に行きました。
モチロンひとりで。



この映画は2013年に公開された
「死霊館」(原題:The Conjuring)の続編
となっております。

何を隠そう「死霊館」は私が1番好きなホラー映画!
あまりの怖さにマジで震えた2013年。
あれから3年の時を経て、続編が公開となりました。

「死霊館」の何が怖いって、実話なんですよ。
出てくる登場人物や土地は実在しています。

ストーリーをザックリ言うと、
(前作・今作共に)超常現象研究科の
ウォーレン夫妻が経験する恐怖体験。



今作の舞台は
1977年 イギリス エンフィールド

ジャネット・ホジソンという女の子を中心に
ストーリーは動きます。



ジャネットは4兄弟の次女で、
姉のマーガレットや
弟のジョニー、ビリーとは仲が良いものの
両親の離婚に少し傷ついていました。



一方、超常現象研究科のウォーレン夫妻は
霊視ができる妻ロレインが
不吉な予知夢を見ていました。

その予知夢が、まぁ怖い!
ハンパなく怖い!


描きながら震えた。

ロレインが予知夢を見ていた頃、
ホジソン家のジャネットを中心に
家の中で様々な怪奇現象が起こり始めます。

そして、なんやかんやあって
ウォーレン夫妻にホジソン家の調査依頼が来る
というストーリーでございます。

【結論】
愛に溢れる映画

ウォーレン夫妻の愛に、
後半は涙が止まりませんでした。

今まで
こんなに泣けるホラー映画があっただろうか!?
いいえ、ありません!!!

すごいのは、しっかり泣けるのに
しっかりホラーなところ。
スカッスカの怖さではなく、
最初から最後まで濃いめのホラー。

その中に描かれる夫婦のストーリーに
おそらく全米も泣いたはず。
カップルで観るのもいいかもしれません。



ちなみに、予知夢に出てきた修道女の
スピンオフ作品の製作は決まっているとのこと。


「死霊館 エンフィールド事件」(2016)
ホラー度:★★★★☆
夫婦愛度:★★★★★
オススメ度:★★★★★


次回のブログでは、
誰にでもできるホラー映画を楽しく観る方法
を、ご紹介しますね。


300円ショップにて、 
ポーキーが好きそうな袋?を見つけたので
試しに購入してみました!



投下直後から興味津々!
イスの上では危ないので床に移したところ…



すぐにイン!!!
思った通り、サイズはピッタリでした。





勢いあまって転がったりもしていましたが、
最終的になかなか気に入ってくれた模様。





昨日は休みだったので
ポーキーと遊んだり昼寝したりおやつ食べたり、
久しぶりに一緒にゴロゴロできました。



今日からまたせっせと働きますよ。
じつは少し昇級することになりました。
でも、年末の繁忙期のことを考えると
今から怖いです。

【予告】
昨日久しぶりに、フラフラと
近所の映画館に映画を観に行ったのですが
これがまぁ傑作で!!!

感想などを書くつもりですが
イラストもかなり力を入れているので
仕上がりをお楽しみにっ!






はい、というこで本日は 
茶番からスタートしております。

ところで皆さまは《へそ天》をご存知ですか?
私はポーキーと暮らすようになるまで
この言葉は知りませんでした。



本日はポーキーのへそ天姿をご紹介します。









↑どう見ても社交ダンスの構え









やはり、暑くなってきてからよく見かけます。
夏の醍醐味ですね。



へそ天中は、おさわりもOKなので
モフり放題です!!!


昨日、ライブドア公式ブログにて
DJあおいさんとの対談内容が公開となりました。


この対談の機会を設けて頂くにあたり、
私はあることをガマンしていた。



言っちゃいけないワケではないのかもしれませんが
相手はあのDJあおいだ…



言えやしない、言えやしないよ!

私が言ったことにより、あおいさんや
関係者の方々にご迷惑がかかってはいけないので
ひたすら対談の日を数えながら待ちました。



対談の内容については、
ライブドア公式ブログにてご確認頂ければ
幸いでござんす。


対談を終え、
男性に告白させる奥の手を会得した私は、
さっそく実践!!!!!



でも、実践したらすぐ報告します!
実践された人はもれなく公開されますので
お気をつけください。


今回の対談を通して、
ただの三十路の私があおいさんとお会いして
このように記事にもして頂き、
本当に恵まれた機会だったと改めて思います。

昨日のライブドア公式ブログと
あおいさんのブログ効果で
私の存在を知ってくださった方もいるかと思います。

その方々へ私は伝えたい。
まずは下記の《LINEで読者になる》ボタンを
いったん押してみてください。




なぁに、心配はいらないよ。
大丈夫だから、ね?ほら、押してごらん?

ついでに、
ツイッターの《フォローする》ボタンも
一緒に押すといい。



ヨロシクお願いしますね!

【対談過去記事】
7月6日公開 エピソード6「あおい熱」 
7月7日公開 エピソード3「降臨
7月8日公開 エピソード4「あおい流テク
7月9日公開 エピソード5「最高瞬間ビックリ率
7月10日公開 エピソード1「神化
7月11日公開 エピソード2「キッカケ

DJあおいさんのブログ

ライブドア公式ブログ