肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語






先日職場で、
世代が近い男性社員から教えてもらったのですが
今どきの高校生は「マジ」ではなく、
「ガチ」を率先して使うとのこと。
(本当か否か、わからないですが)

「マジ」という言葉はもともと、
江戸時代からあるそうで(ヤナマリ調べ)

それが90年代に若者の間で流行り、
広末涼子も「majiでkoiする5秒前」と歌っていたし
反町隆史は「poison」と歌っていた。

そんな時代から早数十年、
時代はマジからガチに変わろうとしている。



「ガチ」も使わなくはないですが、
私は、ガチ:マジ = 1:9 くらいの割合です。
とっさに使うのは「マジ」のほうですね。

いつか現役の高校生と話す機会があったら
真相を聞いてみます。 

ヤッホー!柳本マリエです!
本日2回目の更新となります(今日休みだからね!)

先日コンビニでこんなモノを見かけました。



ハバネロチョコ!



昔から辛いモノが大好きで、
一味唐辛子の消費量には自信があるほうです。

たまたまコンビニに行ったら、
「ハバネロチョコ」なるモノを見つけ
辛いモノ好きの私は迷わず購入。

だってハバネロとチョコて!
どんな味か気になりませんか?



パッケージにも書いてある
《甘いけど辛い》を実際に体験してみました。



【感想】
甘いけど辛い!!

いや、まさかのその通り。
すごく甘いんですホントに。けっこうな甘さ。
なんだけど、のどを通る頃には辛い!

不思議な感覚ですね。

激辛というワケではないので、
辛いモノ(カレーの中辛くらい)がOKの方なら
辛さについては問題ないかと。

ぜひぜひお試しあれ〜!

おはモーニン! 

以前「愛猫の撮り方」という
ポーキーの写真を撮る際のこだわりを
書かせていただきました。

その際は、アングルなどの
カメラの使い方を中心にご紹介しましたが
今回はその応用編?をご紹介します。

昨日インスタやツイッターなどにアップした
こちらの写真。



どうやって撮るのかという質問を
いただきましたのでお答えいたします。

私はこうして撮りました!



今回はフッと見たらいい感じのポーズをしていた
というスピード勝負の状況だったため、
床をスライディングしながらの
シャッターボタン連打というスタイル。

急いでいたため、通常は1番意識している
両手で固定しながら撮るということが
できませんでした。



そのため、お蔵入り写真も多い。

だいたい10枚くらい撮った中から
構図やら表情やらを確認。



背景の天井の線がナナメになってますが
腕が直角なので個人的にはOK判定。
直角の法則については→過去記事「愛猫の撮り方

こんな感じでお気に入りの1枚を
決めていますよ!



さてさて、
本日の関東地方は台風接近中。

それなのに昨日の夜うっかり洗濯をしてしまい
部屋干しするはめに。

ギャフン!!!