肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

こんにちは、柳本マリエです!繰り返しのお伝えで恐縮ですが、勇者ヤナマリの引退が近づいておりますので本日はこの2年間の勇者の変化を振り返ってみようと思います。いざ、勇者7変化ッ!装備が段々と簡易化していますよね。マントの描き方がやっとこなれてきたところで引退
こんにちは、柳本マリエです!

繰り返しのお伝えで恐縮ですが、勇者ヤナマリの引退が近づいておりますので本日はこの2年間の勇者の変化を振り返ってみようと思います。

いざ、勇者7変化ッ!

IMG_6195

装備が段々と簡易化していますよね。
マントの描き方がやっとこなれてきたところで引退です。電車に乗っていると降りる駅の直前で寝落ちしちゃう、みたいな感じかな(違いますね)

少し前の記事でも書いた通りブログを始めた当初の原動力は【怒り】だったため、しかめっ面が勇者の特徴でもありました。
装備の簡易化よりも表情の変化のほうが大きいかもしれません。

あとやはり、お絵かきアプリを変えたのが私の中で大革命でした。現在はクリップスタジオというアプリを使用しています。
上の年表でいうと2017年11月のところ。最初は慣れなくて絵も初期化されましたが、今ではもう本当に手放せません。


それではポーキーの変化も見てみましょうか。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_4398
IMG_5678
IMG_8293
FullSizeRender
FullSizeRender

ポーキーもけっこうな激変っぷりですよね。
現在はこんな感じ。

IMG_5636

ムッキムキのパワータイプで、部屋を破壊しにかかってます。「部屋が壊れたらどうしよう」という不安からなのか、定期的に部屋を破壊される夢を見ます。

大きな怪我や病気なく、そして部屋を壊さず元気に育ってくれることが1番の望み。


ところで勇者ヤナマリ引退ライブ企画ですが…
現在なんと参加者が600人を超えました。


果たしてアイコンのイラスト化は18日までに間に合うのか!?

今まで読者さんに何かを還元できたことがなかったので、このタイミングで少しでも一緒に楽しめたらいいな〜って思ってます。
この企画のためにツイッターを始めた方もいらっしゃるようなので、本当にありがたい限り。

ライブまであと3日!頑張ります!!!


ランキング参加中
  



ひとつ前の記事でお知らせした勇者引退ライブ企画ですが、おかげさまでたくさんの方にご応募いただいております。ありがとうございます!(現在もまだまだ受付中)柳本マリエ a.k.a. 勇者ヤナマリ@MarieYanamoto【勇者引退ライブ開催】🎸RTで勇者引退ライブに参加しよう!ブ
IMG_6140

ひとつ前の記事でお知らせした勇者引退ライブ企画ですが、おかげさまでたくさんの方にご応募いただいております。ありがとうございます!(現在もまだまだ受付中)


応募期間(2018年5月15日23時59分)終了後、いったん集計をさせていただきリスト化するので、その際に名前があるか確認していただければと思います。

その集計作業に伴い、1点とても大切な注意事項がございます。大変恐れ入りますが、ツイッターを鍵アカウントにされている方のみ下記内容をご確認いただけますでしょうか。

鍵アカウントのRTは
私には見えない

すみません!!!
鍵アカウントにされている方は私のツイートをRT(およびリプやいいね)しても、それを私が把握することができないのです。

つきましては、鍵アカウントの方は下記中からひとつお選びいただけますでしょうか。

1. 応募期間中のみ鍵を解除し再度RT
2. 別アカウントから再度RT
3. 今回のライブ参加を見送る

1.を選択される場合は鍵の解除後、お手数ですがいったんRTをキャンセル→再度RTくださいますようお願いいたします。鍵を解除した状態でRTいただけますと私のほうで集計が可能となります。応募期間を過ぎましたら、再度鍵をかけていただいて大丈夫です(期間中は解除願います)

ワンクリックで参加できると思ったのですが、色々と注意事項が多くなってしまってすみません。

IMG_5394

集計作業をしていたら、コメ欄を開けていたときによくコメントをくださった方々の名前をいくつか見つけて、嬉しくなりました。
また、この企画を通して初めて話しかけてくださった方もたくさんいて、とても励みになります。

アイコンのイラスト化作業はもちろんですが、初の作詞も見どころのひとつとなっておりますからね。ミスチル並みの詞、書いてやんよ!

どうぞお楽しみに!!!






おはようございます、柳本マリエです。昨日の記事にたくさんの反響をいただき、ありがとうございました!去年から考えていた脱・勇者について率直な気持ちを書いているので、まだ読んでいない方はぜひ目を通していただければと思います。▷脱・勇者という選択肢記事更新後た
おはようございます、柳本マリエです。

昨日の記事にたくさんの反響をいただき、ありがとうございました!
去年から考えていた脱・勇者について率直な気持ちを書いているので、まだ読んでいない方はぜひ目を通していただければと思います。

記事更新後たくさんの方から応援の言葉をいただきまして、やっと決心がつきました。

勇者やめます!
これからは等身大の自分を等身大に近い姿(勇者姿ではなく私服姿)で発信します!

ブログの更新スタイルはこれまでと変わらないのでご安心くださいませ。

約2年間ほど勇者ヤナマリとして活動してきましたが、これもひとえに読者さまの存在あってこそ。そこで今回、すべての読者さま(もちろんブロガーさまも)対象に参加型の企画を考えました!

IMG_5945

勇者引退ライブを開催します!
ライブといっても、動画で配信するワケではございません。架空の引退ライブをブログに描いて5月18日の18時に公開します!

そこで、読者の皆さまには勇者ヤナマリ引退ライブの会場にお越しいただきたいのです。

参加方法は…
期間内に該当ツイートをRTするだけ!
(該当ツイートはこのあと下部に貼ります)

期間内にRTしていただいた方のツイッターアイコンを私がイラスト化して、ライブ会場に配置します。

IMG_5944

繰り返しますが、
ツイッターアイコンを私がイラスト化します。
アイコンがこのようにすでにイラスト↓であっても、写真であっても、人でなくても、私がイラスト化します。

FullSizeRender
(勝手に)友人協力:『くららんち。

ツイッターアイコンが未設定の場合は未設定アイコンをそのままイラスト化しちゃうからね!(誰だかわからなくなっちゃうので、できれば何かしら設定していただければと思います)

また、ツイッターアイコン以外のリクエストは受け付けできませんのでご理解ご了承のほどご参加ください。

ライブ会場は、「ステージ前」「物販」「エントランス」などさまざまな配置場所をご用意しております。どこに配置されるかは、当日までのお楽しみ!

1アカウントにつき1回RTできるので、複数のアカウントがある方は各アカウントでRTしていただいても大丈夫です。
また、ツイッターアカウントをお持ちでない方はぜひこれを機にアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。ツイッター、まじ楽しいですよ!!!

引退ライブの最大の見どころは、私が作詞に初挑戦します。黒歴史になる瞬間を見届けて!


該当ツイートはコチラ!
(下記ツイート以外のRTは無効)


応募期間は今から明日2018年5月15日23時59分までとなりますのでご注意くださいませ。
それでは皆さまのご参加お待ちしております。

柳本マリエ




----------5月14日23:30追記----------

ツイッターの鍵アカウントに関する大事な注意事項がございます。恐れ入りますが、鍵アカウントをでご応募された方はご一読のほどよろしくお願いいたします。



前回のつづきKADOKAWAさんのコミックエッセイ編集部に原稿を持ち込んでお邪魔しました。 衝撃が走りました。去年から私が抱えていた疑問が確信に変わった瞬間です。勇者である必要性はあるのか、と。そもそもなぜ私が勇者になったのかを知っている人はどれくらいいるでしょ
前回のつづき
KADOKAWAさんのコミックエッセイ編集部に原稿を持ち込んでお邪魔しました。

 IMG_5935

衝撃が走りました。去年から私が抱えていた疑問が確信に変わった瞬間です。

勇者である必要性はあるのか、と。



そもそもなぜ私が勇者になったのかを知っている人はどれくらいいるでしょうか。

2016年2月、
ブログを立ち上げた原動力は【怒り】でした。
会社で理不尽に頭を下げ続ける日々に嫌気がさして誕生したのが三十路の勇者。混沌とした世の中で社会という名のダンジョンに挑む物語、これがこのブログのコンセプト。

IMG_5934

三十路の女が顔を晒して勇者と名乗り、バッサバッサと敵を倒す。
絵の経験もない無名素人の私が名前を覚えてもらうには、勇者の姿で理不尽な日々を発信することに意味がありました。

しかし私はもう、怒っていない。



このブログの第1回目の記事に書いた「在宅勇者」の夢を、私は2016年12月31日に会社を退職したことで叶えてしまいました。その時点で、勇者の役目は終わっているのではないだろうか。

私は今、勇者というキャラクターがとても扱いにくいです。もちろん嫌いになったワケではありません。

ブログを立ち上げた当初と環境も状況も違う今、勇者という存在だけを継続させることが非常に難しいのです。勇者に執着したまま変化に対応しなければ、やがて廃れていくだけ。

勇者の姿は、名を残すことに優れていても共感や親近感を得るにはいささか不都合。

今年に入ってその思いはさらに強くなり、いくつか参加した漫画コンテストはすべて勇者を私服に描き直して送りました。
直近だと、3週間ほど前にツイッターで行われたコミックエッセイ劇場のエッセイ漫画SNS新人賞でも、イギリスあるあるを勇者ではない私に描き直しています。


もう勇者である必要は、ない
のかもしれない。



話は冒頭に戻りますが…
持ち込んだ原稿を見てもらって、勇者の姿であることついて指摘をいただいたときは本当にハッとしました。

ちなみに4コマは原文ママではなくかなり割愛しています。実際はもっと丁寧にアドバイスをいただきました。編集者さんの提案は「まずは羽根とグローブを外して徐々に私服にしていく」とのこと。

そのほか「肩乗りネコと三十路の勇者」というタイトルについても的確なツッコミが…

FullSizeRender

タイトルに「ネコ」が入っているにも関わらず、猫ネタが少ないために猫目当てで読みに来た人をガッカリさせてしまう可能性があるのではないか、と。

確かに猫ネタは少ないし、なんならもう途中から肩に乗せてなかった!!!

肩に乗せてないのは単純に怠慢です。
長く読んでいただいている読者の人には通じるかもしれないけど、初めて読む人にとっては混乱を招きますよね。なるほど。


長くなってしまいましたが…
今後のブログの方向性および書籍化のチャンスを掴むために私が必要なことは下記とのこと

1. テーマを絞る
2. そのテーマのサブテーマを強化する
3. 好き嫌いが分かれないキャラクターにする

サブテーマというのは、例えばテーマが「ひとり暮らし」ならば、ひとり暮らしをする上で何に特化しているか。
料理、掃除、整理整頓、節約、猫など
ひとり暮らしというテーマはブレずにサブテーマでほかの人と差別化していけばいいとこのと。

それらを踏まえて、脱・勇者については現在検討中。勇者の変化も含めて応援してもらえたら嬉しいです。

土曜日の夜に長々と失礼いたしました。
長文にお付き合いいただきありがとうございます。
更新については今後も今まで通り1日1記事更新を目標に頑張りますのでなにとぞ!

なにとぞ!!!

IMG_5938


ランキング参加中
  


先日、KADOKAWAさんのコミックエッセイ劇場のツイッターで原稿の持ち込み企画なるものを見つけました。コミックエッセイ劇場@comicessay「編集者の感想やアドバイスを直接聞きたい!」という方向けに原稿のお持ち込み会を開催♪ (5月11日と14日の2日間、完全予約制)定員
IMG_5932

先日、KADOKAWAさんのコミックエッセイ劇場のツイッターで原稿の持ち込み企画なるものを見つけました。


慌てて申し込んだところ運良く滑り込めたようで、昨日ついにコミックエッセイ編集部へ初潜入を果たしたワケです。

原稿の持ち込みというと、門前払いされるイメージはありませんか?「けちょんけちょんに言われるかもしれない」という不安な気持ちで挑みました。

しかし結論から言うと…
マジで勉強になりました!!

かなり具体的にアドバイスをいただいたので、そのあたりは後編で細かく書きます。
「あぁぁ、なるほどぉぉぉぉお」と首をタテに振ってばかりいましたよ。ホントに。


ランキング参加中
  


いつもお世話になっております、引きこもりキャメラマンの柳本マリエです。今日は1ヶ月ぶりに人と話しました。KADOKAWAさんのコミックエッセイ編集部に潜入してきたのですが、その前に少し時間があったので九段下界隈を散歩したよ!平日昼間の九段下は思いのほか静か。池に鯉
いつもお世話になっております、引きこもりキャメラマンの柳本マリエです。

FullSizeRender

今日は1ヶ月ぶりに人と話しました。

KADOKAWAさんのコミックエッセイ編集部に潜入してきたのですが、その前に少し時間があったので九段下界隈を散歩したよ!

IMG_5924
IMG_5925
IMG_5922

平日昼間の九段下は思いのほか静か。

池に鯉がたくさんいたのでなんとなく撮ってみたところ、美しすぎて目からウロコでした(鯉だけに)

IMG_5916
IMG_5915
IMG_5912
IMG_5913

水が止まってるみたい…

ベンチがあったのでしばらく座りながらボーっと鯉を眺めました。適度な風も気持ちいい。

IMG_5905

こんなに太陽を浴びたのは久しぶり!
5月病もなんとなく緩和したように思います。月に2回くらいは外で遊びたいですね。


次回はコミックエッセイ編集部でのエピソードを描くつもり(掲載の許可はいただいております)
どうぞお楽しみに!


ランキング参加中
  



2週間ほど前に買って大ハッスルしたダイソーのオモチャですが、毎日遊び続けたところ食いつきが悪くなりまして…「さすがにこれだけ遊ぶと慣れちゃうんだろうな」と思っていたのですが、ふと先端部分の汚れが気になりました。遊んでいる間にヨダレやらホコリやらが付着して、
IMG_5849

2週間ほど前に買って大ハッスルしたダイソーのオモチャですが、毎日遊び続けたところ食いつきが悪くなりまして…

「さすがにこれだけ遊ぶと慣れちゃうんだろうな」と思っていたのですが、ふと先端部分の汚れが気になりました。
遊んでいる間にヨダレやらホコリやらが付着して、けっこう汚れていたんですよね。

試しに軽く洗ってみたら、
なんと食いつきが大復活!!

ここからは私の推測ですが、洗ったことにより自分のニオイが消えたため再び狩り心に火がついたのではないか、と。

IMG_5846
IMG_5847
IMG_5848

牙むき出しで大ハッスルです。
洗う前まで無関心だったオモチャに!!!

たいていのオモチャは破壊されて買い替えるパターンですが、運良く原形が残って長く遊べることもあるんですよね。
そういう場合は折を見て、部分的にでも洗ってあげるとさらに長く楽しく遊べるかもしれません。

心当たりのある人はぜひお試しください!





猫飼いがこっそりやっていることはコチラ
FullSizeRender


ランキング参加中
  




イギリス人はパブと呼ばれる大衆居酒屋が大好きで、隙あらば行きます。基本的にバーカウンターで注文をして席に持っていくスタイルなので、注文ごとに都度お金を払うんですね。ここで紳士の国の本領発揮(?)です。一緒に行った人全員分の注文を、ひとりが支払う!!という
IMG_5837

イギリス人はパブと呼ばれる大衆居酒屋が大好きで、隙あらば行きます。

基本的にバーカウンターで注文をして席に持っていくスタイルなので、注文ごとに都度お金を払うんですね。

ここで紳士の国の本領発揮(?)です。

一緒に行った人
全員分の注文を、
ひとりが支払う!!
というラウンド制がパブでのマナー。

でもこれかなり理不尽だと思うんですよ。だって、2人で行くときもあれば10人で行くときもあるじゃないですか。10人で行った日に当たってしまったときの負担がハンパない!!!

それに例えば…
土曜日は友だちと、日曜日は同僚と、
という具合に別グループで連日パブに行った場合、タイミングによってはどっちも支払うことになりますよね。

あと逆に、テキトーに言い訳すれば常に支払いから逃げることもできる。

それって…
理不尽では!?
そう思うのは私だけでしょうか?





イギリス(欧米)プレステに潜んでいた罠はコチラ
IMG_5836

ランキング参加中