肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語



お世話になっております、 
チョコミンター・マリエです。

今回入手したのは、まさかの!
チョコミント味の
歯磨き粉!!!



ブログのコメントで教えて頂き、
ネットで購入しました。(185円)

どんな味なのか気になりませんか?

でもその前に!
チョコミント反対派の代表的意見を
いくつかご紹介します。







そう、チョコミント反対派の多くが
チョコミントは歯磨き粉!と
認識しているのです。

ならば試してみようじゃないか、
本当のチョコミント歯磨き粉を!!!



出してみたら、色までチョコ風。
そしてなんとニオイもしっかりついてました、
チョコレートのね!



あれ?
これチョコミントじゃなくてチョコなんじゃない?

という一抹の不安を抱えながらも、
ミント色の歯ブラシにつけたら
見た目は完全なるチョコミントとなりました。

そしてついに私は
チョコミント味の歯磨き粉をチョミる。
(チョコミント味の歯磨き粉を試す)





甘い!!!

とにかく甘い。
磨いても磨いても甘い。
ミント感はなく、完全にチョコムース。
チョコムースをゴシゴシしてる感覚です。

そして裏面を見るとこのような表記が。

歯周炎歯肉炎の予防
虫歯の発生の予防



説得力ないよ!!
チョコミントって、めっちゃ書いてあるもの。
薬用ハミガキ(チョコミント)て!




ところで現在、ツイッターにて
アイスのアンケートを行っております。
匿名で投票が可能なので、
よろしければご協力お願いします!



チョコミンター・マリエは神出鬼没。
次にいつ現れるかは、チョコミント次第。


チョコミンター・マリエ記事


↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!

バニラ暦になってから早3年。

子供からお年寄りまで 
絶大な支持を集めたバニラアイスは、
王として君臨し、政権は彼に委ねられていた。

  



しかし、
チョコレートアイスやストロベリーアイスの 
女性・子供からの支持も無視できる数ではなく
バニラは彼らを側近として泳がせた。





国民は1日1回以上
バニラアイスを食べることが義務付けられ
それを守れないものは容赦なく囚われた。

さらには、バニラアイス以外
(チョコとストロベリー除く)を食べた者も
同じようにバニラの命令で次々に捕まっていった。

そんな身勝手な行いは国民の反感を買い
反バニラ組織が水面下で拡大化していた。

彼らはスラム街にある酒場、
「セブンスヘブンリー」に夜な夜な集まり
「アバランチッチ」という反バニラ組織として
ひっそりと活動していた。



ここでは、
他国から集めた好きなアイスを食べたり
みんな自由に過ごしていた。

しかし、バニラ・チョコ・ストロベリー以外の
禁止されたフレーバーを入手するには危険が伴い
帰らぬ者もいた。

 







チョコミント味の
歯磨き粉を!!!



私はついに、
チョコミント味の歯磨き粉を入手したのだ。

次回へつづく

チョコミンター・マリエ記事

↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!

私は昨日、ひとつのコンビニで
ある壁を越えてしまった。 





会社のビルにはコンビニがあり、私は毎日そこで
朝と昼にアイスカフェラテを買っている。





これは、
私がアイスカフェラテを買うことによって
店員さんが私を「アイスカフェラテの人」
と思うようになるまでのグラフである。

まずは、アイスカフェラテを
毎日定期的に買うことによって私を認識する。



その後、回数を重ねることにより
私がアイスカフェラテを買う
ということについて確信を持つようになる。


と、同時に店員さんたちの間で
「アイスカフェラテの人」や
「ラテ子」などというあだ名が
こっそりつけられたりするのだ。

ちなみに我々の間(社内)でも
コンビニの店員さんに対してあだ名があり
彼(ちなみに外国人)のことは
「丁寧さん」と呼んでいた。※すごい丁寧だから

さらに回数を重ねると、
その確信は確かなモノとなり、次の段階へと進む。



ついに私は昨日、丁寧さんから
レジの前に立っただけで
「アイスカフェラテですね?」と
言われてしまったのだ。



丁寧さんが気を効かせて言ってくれたのは
十分にわかった。
彼の言う通り私はこのとき、
アイスカフェラテを頼むところだった。

今後おそらくこの丁寧さんは
私がお会計をする度に
「アイスカフェラテですね?」
と言ってくるに違いない。

それは、別に構わない。
(少し恥ずかしいが)ありがたい。

しかし、だ。

例えばおなかの調子が悪く、
アイスカフェラテが飲めない日はどうなる。

丁寧さんは私のおなかの調子に関係なく
言ってくるだろう。

そのとき私が
「あ、結構です」なんて言った日には
丁寧さんはどんな顔をするのか・・・?



そして、内心「今日は違うんだ!」
と思われるのは間違いない。

さらにほかの店員さんらと
こんな会話を繰り広げるだろう。

丁寧「ラテ子、今日はアイスラテ頼まなかった」
店員「マジか!腹の調子悪いんじゃね?」
丁寧「あぁなるほど、ピーピーですネ」

そんなの、
恥ずかしすぎる!



それならば、丁寧さんに別れを告げるだけ。

こうして私のコンビニ放浪記は、つづくのだ。
♪ピュ〜ピュ〜〜〜♪(西部劇っぽい口笛?のBGM)


↑ いったん押してみよう!大丈夫!


↑ フォロワー数の少なさに全米が驚愕!

にほんブログ村 イラストブログへ Instagram
↑ ランキング参戦中!インスタもあるよ!