肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

ここでは
本編「肩乗りネコと三十路の勇者」の作者
柳本マリエが冒険をひと休みして
ラジオ番組「セーブポイントはとつぜんに」
をお送りします。

前回から突じょ始まったラジオ番組
第1回目は→コチラ
第2回目となる本日もモリモリ質疑応答だ!

{86510145-B9AF-43A8-81FC-ADB0056AA8CC:01}

{A6C1A489-98FE-4C85-B82E-9987538A0056:01}

{AC0DC0E9-571E-47D0-9D35-BB649973ED94:01}

花粉のほうもだいぶ舞ってるようですが、
私も花粉症なんですよ。
症状としては、中の上くらいでしょうか。

皆さま、
お出かけの際は花粉対策も忘れずに。

{330CA61A-924D-4A09-A370-2D1E51B58426:01}

{9135DC48-B9AF-4E4F-81C5-FD4E43CFDE43:01}

{A348836B-F99B-495F-BD37-BD7D3C1AA456:01}

基本的に、お風呂とトイレ以外では
ベッドから出ることはありません。

食事(調理中含む)のときは
ポーキーにはケージに入ってもらってるので
そこでもシッポを踏むことはないですね。
ちなみに、食事は全てキッチンでの
立食スタイルでございます。

加えてポーキーが肩乗りで
床をウロウロしてることが少ないため、
今のところ踏んだことはございません。

踏むと怒るらしいですよね~!
皆さまのニャンコはどうですか?

シャオマさん質問ありがとうございました。

{98BB39C4-05B2-466C-AD73-AF4A91271D12:01}

{D12027F4-622C-4380-800B-3CC02B13812A:01}

{8EE46D9B-F373-454D-A0F2-15C82564830B:01}

{567473CE-34CF-46F3-96B4-0C605DB88B93:01}

つづく

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

現在、
ポーキーのジョブ(職業)は吟遊詩人。
本日はライブ風景をお届けします。

{41988B2D-2960-43EB-B81B-78678896BDBA:01}

{2EA64A92-25B8-49B2-B82D-8575CF5D9418:01}

{3AA8394F-20C6-4110-9821-483BBB780817:01}

{517F8111-047F-451A-898E-2836887D0DDA:01}
それは、マイクではなく足


歌詞の "Scaredy cat" という単語は
日本語だと「ビビり」に相当。
ちょっとした物音にビックリしたりすると
"Haha, scaredy cat!"と鼻で笑われます。

さてさて、
吟遊詩人(ぎんゆうしじん)は
各地を訪れて自作の歌を歌う人のことですが
これもRPGにはお決まりのジョブですね。

{EF1EAC70-4B29-4F6C-90E5-67321F8F4CA9:01}

だいたいイケメンなんですよ吟遊詩人は。
でも、だいたい戦闘には使えないんですよ。

{0AFCB692-199D-4237-BC6B-B6C208CB8822:01}

{A32DFD64-3909-4F47-ACAC-A922F527E237:01}

{6C6B5B6A-EA20-44E5-8603-DFCBBB1EEA1D:01}

自らの足をマイクに見立てる、
うちの吟遊詩人。

Midnight Eyes of the first Hazeの
ボーカルPとして活動中です。
※1コマ目参照

{D99E0947-C741-4369-A205-6841242BB97D:01}

今朝のポーキーは冷たい床にぺったり。
寒くないのでしょうか。

にほんブログ村 猫ブログへ

ここまでのあらすじ:
肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が
社会という名のダンジョンに挑む物語。

ポーキーと出会うおよそ8年ほど前
2007年冬のこと、私は
戦慄迷宮という名のダンジョンにいた。

{0E8088E3-4A75-4762-A5B0-BDD41B361E02:01}

{7300F83F-37E4-45E5-8684-C1F78ED8BC77:01}

{7E7EBACE-C6A0-45C1-9932-023E406F314C:01}

{56A1B3DE-EF0F-467D-97DD-2CDE87719C95:01}
驚きよりも感心


この富士急ハイランドの戦慄迷宮は、
世界一歩行距離が長いお化け屋敷として
ギネスに認定されたことがあるほど、長い。

幼なじみであるK氏とそのヨメMちゃん、
そして私の3人で富士急へと向かったが
ホラーが苦手なMちゃんは外で待機。

バイオハザードコラボの戦慄迷宮は
入場後に銃を渡され進みます。
銃の配布にテンションが上がってしまい
本気のバイオハザードごっこスタート。
※1コマへに戻る

が、入場早々に幼なじみK氏が
風の演出に驚き、屁を放つ。
上からの風がL字にK氏を通り
(屁となって)抜けていくのを、
私は後方からハッキリと見た。

{5A6707EC-941E-4260-B591-A91633CE0BDD:01}

終盤では、
前方のおとりクリーチャーに気を取られ
そのスキに後方に別のゾンビに回り込まれる
という連携プレーを見せる彼らに
2人して思わず「うまい!」と叫ぶ。

そんな調子で
バイオのレオンとジルになりきって進み、
約60分ほどで出口に。(平均所要時間50分)

ちなみに戦慄迷宮に入るまで1時間並び、
入場後も1時間かけて進んだため
幼なじみK氏のヨメMちゃんは
真冬の寒空の下、2時間も我々を待つ。

{DE1DADC8-3564-4D8F-B845-39431E665B58:01}

コーヒーで手を温めながら
イヤな顔ひとつせず待っててくれた
ヨメMちゃんを見たとき我々は悟ったのだ。
ごめんなさいと。

私と幼なじみK氏は彼女のことを
「Mちゃん大天使」と呼んでます。

だかしかし翌年
私と幼なじみK氏は懲りずに
このMちゃん大天使と
イヤがる同級生、T美とMみを強引に誘い
また戦慄迷宮へと舞い戻ることとなる。