肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

先日、ポーキーに新居を献上いたしました。
すっかりお気に召したようで、中でウトウト。







どうやら、 
首をちょこんと出すスタイルがいいらしい。



子猫の頃は新しいベッドとかオモチャに対して
ものすごく警戒していたのですが、
最近はもう、スッと入りますね。

それでは最後に、
昨晩のスフィンクス座りのポーキーをどうぞ!




ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)






食べにくいよ!
こっそり食べようとしても必ずバレます。

そして、実際はもっと激しい攻防戦でした。 



人間の食べ物は与えられないので、
私が風呂場に逃げて食べることも。

で、食べ終わって出ると
バスマットなどを調べたりします。



怖っ!!!
チェック厳しっ!

ポーキーにはポーキー用のおやつがあるので
それで和解しようじゃないか。



ご用命は下記までお願いします! 
marie_yanamoto☆yahoo.co.jp
(☆を@に!)