肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

IMG_3439
IMG_3442
IMG_3444

ー完ー



人生で最も大事な時期、中2。
全学年中、なぜか私のクラスだけ校舎が別だったんですよ。某不良学園ドラマみたいでしょう。

当時組んでいたお笑いコンビ「チェック2」ですが、このように指でチェック柄を作ってから重ねたほうの指を外側へ持っていき、ふたり組を意味する2を表します。


FullSizeRender

正直この決めポーズは完成度高かったなって思う。
教室のロッカーの上でコントをしていたのですが、自分たちで爆笑してぐだぐだでした。

相方も大のゲーム好きで、当時『ゼルダの伝説』の二次創作を一緒にしていた記憶があります(当時それが二次創作ということだとは知らずに…)

ちなみに、私が圧倒的落選を果たした生徒会選挙ですがこの男は見事に当選をしていましたよ。

なんでしょうね…
昔から一貫している私の小物感。「一発当ててやる!」っていう邪心が良くないんでしょうね。


ランキング参加中
  


IMG_3516

フミフミしてると最終的にアスリートのトレーニングみたいになる。近すぎて写真もうまく撮れません。
この動きのせいなのか定かではありませんが、動物病院に行くとよく「腕ムッキムキだね」って言われます。

ツイッターでは動くポーキーもときどきアップしているよ!

手首のスナップが効いてます。


ランキング参加中
  



IMG_3511

20代半ばはゲーム関係の仕事をしていたのですが、私の所属するチームは当時私を含めてたった6名。そのほか約1,000人近くの人はゲームと全く関係のないデスク業務をしていました。

そんな中、白昼堂々
ゲームしてごらんなさいよ!

さすがにやりにくい。
しかもよくやってたのがホラーゲームですからね。「ギャー!」とか言っちゃうこともあるじゃないですか。でもみんな仕事してるから。そういうのダメだから。

私は、ゲームが苦手な上司(プロデューサー)の代わりに参考となるゲームをやる役目でした。ゲーム内に出てくるギミックや使用感とかを報告します。

そのほか『週間ファミ通』をチェックするのも業務の一環だったのですが、そっちは笑いをこらえるのが大変でした。
いま思えば最高の職場だったな〜!!!



ところで!
私が先日「さといもな日々」さといもさんの油餅を実際に作ってみた件ですが、私以外にもたくさんの人が作ってるみたいです。
それをさといもさんがまとめていて、私も紹介してもらいました!

↑スクロールしていくと勇者がスッと出てくるよ!あと最後のトリもいただきました!
油餅マジおいしいからお餅ある人はぜひ作ってみてね。


image
油餅ボーイさといもさんのブログはコチラ


ポーキーも心なしか油餅を意識したポージングでゴロゴロしています。

IMG_3500

ランキング参加中