肩乗りネコと三十路の勇者

肩乗りネコのポーキーと三十路の勇者が社会という名のリアルダンジョンに挑む物語

こんにちは、柳本マリエです。

かねてよりInstagramで写真アカウント(@marie_13th)は運営しておりましたが、この度漫画アカウント(@misoji_30)を新たに開設いたしました。以前から開設したいという気持ちはあったものの踏ん切りがつかず、末尾さんのこちらの記事を読んだことが決め手となりました。(末尾さんありがとうございます!)


末尾さんにご教授いただいたことを踏まえ、当面の間はブログの過去記事の再掲となります。しかしながら、以前からブログをご覧くださっている方々にも楽しんでいただきたいので、過去記事を描き直して掲載することにしました。(画力的な意味でも!)
かつ、インスタは海外ユーザーが多いので日本語と英語の2言語で投稿していこうと思います。

記念すべき第1回目の投稿はコチラ。



下記、インスタと同じ内容となります。
image

こちらの記事はそう、当ブログの第1回目の記事です。せっかくなので見比べてみましょうかね!いいですか?

1
2
3
4


【関連記事】「Level.1 →はじめる

過去記事に戻ってもらうとおわかりいただけますと思いますが、最初だいぶファンタジー要素が強いです。モンスターと戦ったり。それなのに勇者服は着ておりません。

そしてこちらが英語版↓
「肩乗りネコと三十路の勇者」の英語タイトルに1番悩みましたが「Dying to survive in the CHAOS」にしてみました。混沌の中で生き残る、というようなニュアンスです。これは、社会という名のダンジョンで戦う物語というそもそものコンセプトから取りました。

image

いかがでしょうか!
インスタは1投稿に10枚のイラストをアップできるので、上記の日本語版と英語版を前半後半に分けて投稿しております。今後のこのスタイルで、私が独断で選んだ記事を再掲してまいります。

柳本マリエ Instagram漫画アカウント
@misoji_30


ブログはブログで引き続き通常運転するので、どちらもごひいきに!


コンプレックスは人それぞれあるかと思いますが、私はおデコの狭さがコンプレックスのひとつです。

同じ悩みを抱えている人は多く、先日のワニシちゃんの記事を頷きながら読みました。

ダレノガレ明美さんも1年がかりでおデコを広くする脱毛をしたそうです。



おデコが狭いことによる悩みはというと、まずバランスがよろしくない。(ダレノガレさんみたいに美人な人はデコが狭かろうと広かろうと美人ですがね!)



理想としては、生え際のおデコの丸みがほしいんですよ。(わかってもらえます?)

この丸みがあると、例えばセンター分けにしたときのバランスがとてもいいんですよね。※一般的に、おデコが狭いとセンター分けはあまり似合わないと言われています。

しかし、だからこそ我々デコ狭はセンター分けへの憧れもあるのです!(あるよね?)

そこで私は、いい感じに擬似ワンレンヘアになる技を編み出しました。名付けてシリコンゴムでめっちゃ引っ張る大作戦!

まずこのようにシリコンゴムで前髪をギュッと結びます。



ギュッと引っ張ることにより、目元のリフトアップにもなって一石二鳥!けっこう顔の印象が変わります。

あとはニット帽やベレー帽をかぶるだけ!ハットでもいいと思うのですが、なるべくフィット感のあるニットがオススメです。


これで、なんちゃってワンレンヘアの完成です!最大限におデコが広く見えるかと。もうホントに帽子って便利。



なにかの拍子に帽子が脱げたらけっこうマヌケな感じになるけど…
まあ脱げることはそうそうないでしょう!

特におデコにコンプレックスがなくとも、前髪を引っ張ることでリフトアップになって目元がシャキッとするので、それだけでもオススメです。機会があったらお試しあれ〜!


私に飛びかかる寸前のおポキング


  ←応援のワンクリックお願いします! 

 
確かに、半音上がったんだー。


↓隙あらば収まるポキ氏


前回の記事に書いた通り、現在新しいお絵描きアプリに移行中です。まだまだ慣れないため最低限のことしかできないのですが、なんとか4コマっぽくなってきたような。
引き続き精進いたします!




  ←応援のワンクリックお願いします!